分配大好きパンダ渡辺は、口だけで一切分配の実績なし!

パンダ渡辺こと、渡辺雅典氏を知っていますか?
渡辺雅典氏は、情報商材界ではある意味有名人で、情報商材歴12年の大ベテランであり、超大物です。

パンダって、かわいい愛称なんて思っていませんか?
パンダは熊と同じ種類で、愛くるしい外見とは裏腹に、眼光が鋭いです。

鋭い爪の持ち主であることも知られています。

そんなパンダの愛称を持つ渡辺氏も、隠された部分があるようです。

詳しくみていきましょう。

 

パンダ渡辺こと、渡辺雅典氏とは何者か

数多くの情報商材を、世の中に提供しているのが渡辺雅典氏です。

今や富豪の渡辺氏ですが、結構な苦労人であることを知っていますか?
渡辺雅典氏の、経歴について調べてみました。

パンダ渡辺氏の評判が悪すぎる


パンダ渡辺氏は、情報商材の世界で、トップクラスの要注意人物です。

誇大表現、詐欺まがいが、あふれかえっているのが情報商材の世界といえます。

そんな世界で、トップクラスなのですから、どれだけの危険人物かわかるでしょう。

もちろん、情報商材の要注意人物は、他にもいます。

たいていの場合は、商材が稼げない、誇大表現、嘘ばっかりと、商材に対する評判が悪いのがほとんどです。

しかし、渡辺氏の場合は、人間性が批判のまととなっているのです。

非常に珍しいケースであることは間違いありません。

お涙頂戴で商売する姿に嫌悪感を覚える


渡辺雅典氏は肺がんのステージ4であると、宣告を受けたことから、情報商材の販売をはじめています。

残り少ない命を売りに商売をする姿に、批判が集まっているのです。

ガンのステージ4であることを、全面に押しだし、命を削って行っているプロジェクトであると、アピールします。

インタビュアーが、インタビュー中に涙する姿が流れ、しまいには家族まで登場させているのです。
あまりにも、同情を引くような演出に、嫌気がさした人も少なくないでしょう。

なぜそんな感情に、なってしまうのでしょうか。

それは、渡辺氏に対して、ある疑問があるからです。

渡辺氏のオファーは、プロダクトロンチーの手法を使い、必ず高額商品が販売されます。

これがかなりの高額なのです。

ガンでステージ4の人間が、お金儲けのことなど考えるのか。

それが渡辺氏に対する大きな疑問です。

余命宣告されたなら、残された時間をどう生きるか考えるでしょう。

残された時間が、どのくらいあるか分かりません。

残された時間を、金儲けに使うと考える人は、多くはないはずです。

出来るだけ家族や友人と過ごしたい、思い出を残したいと考えるのではないでしょうか?

しかし渡辺氏は、商材を買わせるための広告として、家族を使っています。

見ていて嫌な気持ちがしてしまうのも、分からなくもありません。

 

一部に根強い支持者も、パンダ渡辺氏の魅力はなんなのか


人間性がお世辞にも、良いとは言えないのが、渡辺雅典氏でしょう。

そんな渡辺氏ですが、一部では、根強い支持者がいるのも事実です。

渡辺氏が支持を集める理由は、提供する商材が稼げるからではありません。

彼の根強い支持者は、彼の人柄、人間性を支持しているのです。

批判を受けるのも人間性、支持を受けているのも人間性?
どういうことなのでしょう。

支持者が感じる、渡辺雅典氏の魅力とは


渡辺氏は肺がんステージ4を克服しており、のちに、再発したと話しています。

ガンの告知を受けたパンダ渡辺氏は、自分の資産を分配しようと考えました。

そして、多くの商材を世に送り出すことにしたのです。

ガンで亡くなるかも知れないのに、世の中のことを考えて、行動を起こす渡辺氏に大きな魅力を感じる人はいるでしょう。

はっきりとはわかりませんが、中には、同じガンを患っている人が、渡辺氏に共感を寄せているとも考えられます。

ガンのステージ4とは

ガンはその進行度によって、5つのステージに分けられています。

0から4までのステージで、1番ガンが進行している状態がステージ4です。

ステージ4と言われると、「末期ガン」「手遅れ」と思ってしまいます。

でも、そうではありません。

ガンステージ4とは、リンパ節や離れた臓器への転移を基準としているものが多いです。

ガンを根治出来なくても、縮小させたり、病状を抑える治療を行うことで、ガンを患っていながら生きていくことが可能です。

渡辺氏は本当にガンなのか


渡辺氏のガンについては、怪しいという意見があります。

もちろん病気のことは、プライベートなことなので、一概には言えません。

ガンであるかどうかは、渡辺氏と主治医にしかわからないことです。

パンダ渡辺氏のガンが怪しいと思える理由


ガンである証拠として、パンダ渡辺氏は自身の診断書を公開しています。

この公開された診断書は、文字のフォントが違っているのです。

上書きしたような形跡もあり、病院が発行した正式文書のわりにはお粗末すぎます。

病院の診断書は費用がかかります。

患者さんから、費用をもらって作成したものが、フォントが違うなんてありえません。

渡辺氏が公開した診断書は、信憑性が低いと言えるでしょう。

元気そうな渡辺氏


渡辺氏の商材には、もちろん渡辺氏本人が登場します。

この人ガン患者?
と思えるほど、元気そうな姿を見せています。

太った?との意見もチラホラ見受けられ、推定体重80キロごえ,/bl>という意見もあります。

パンダ渡辺氏は、肺がんです。

肺がんのステージ4は手術が難しいとされ、ほとんどが薬物治療となります。

使う薬は患者さんによって異なるでしょう。

しかし薬物治療は患者の体力や合併症、行うかどうかの判断をします。

ということは、ガンの薬物治療は、体力がある人でなければ行えない=体力を奪う治療であるといえるでしょう。

そんなに体力を消耗する治療を行っていて、80キロごえって、何?
ガンの一般的に見られる症状は、食欲不振、倦怠感、発熱、体重減少です。

いるのですかね。

こんな元気なガン患者さん。

 

パンダ渡辺氏が提供する商材は、ことごとく酷評、その内容とは


パンダ渡辺氏の評判が悪いのは、人間性だけではありません。

渡辺氏の評判の悪さが、彼の人間性にまで及んだのは、提供する商材がことごとく稼げないことにあります。

出しては炎上、出しては炎上の商材とはどんなものか、確認していきましょう。

まずは富の分配からはじまった


渡辺氏といえば、富の分配プロジェクトです。

画面を1日3タップするだけで、だれでも稼げるというものでした。

渡辺氏が開発した「マネーファーム」という、3タップで6000ものアフィリページを自動生成するツールを使い、絶対稼げるそうです。

稼げるはずありません。

絶対Googleに削除されます。

実際削除されてしまった人に対して、渡辺氏は、Googleの上をいく対策をしていると話しているのです。

必ず稼がせるから待っていて欲しいとメッセージを送っています。

富が分配されないまま、今度は賭けを分配


渡辺氏は、富の分配から2年後早々と、WE HAVE A DREAM!!のオファーを行っています。

アンフィニ・パンダ・アカデミーという30万円の高額塾です。

毎月2000~3000万円を稼ぐキュレーション・メディアを自動構築するシステムを使って稼ぐというもので、やはり稼げません。

その後のDreamersプロジェクトは、アンフィニ・パンダ・アカデミーの2期で、内容・バックエンドも同じものです。

ところで、バックエンドですが、50万、120万、400万と合計600万円もします。

超高額バックエンドといっていいでしょう。

最新は相続分配


パンダ渡辺氏の最新オファーは、MDITカレッジです。

リストを使ってメールを送り、稼ぐシステムのようですが、どこから仕入れたリストなのかは公開されていません。

入手先不明のリストってなんとなく怪しい。

リストとは、メールアドレスやLINEアカウントのことをいいます。

情報商材界で、売り買いされている、被害者リストではないのでしょうか?
なんとなく良くない予感がします。

何がしたの?パンダ渡辺氏



多くの商材を提供しているパンダ渡辺氏の目的は、余命がもう少ししかないので、遺産や資産を分配したいだったはずです。

じゃ、早く分配したらいいのに‥‥

儲けたお金を配れば、すぐ分配は完了します。

それなのになぜ、わざわざ、億の金をつぎ込んで、稼げないシステムの開発をするのでしょう。

みんなを儲けさせるため?
ではなぜ、お金をとるのでしょう。

渡辺氏は最新オファーであるMDITカレッジでは、心を鬼にしてお金を払ってもらう鬼すぎでしょ。

パンダ渡辺氏には気をつけよう!

パンダ渡辺氏は、ガンの宣告を受け、資産の分配をしようと思ったといいます。

私たち一般人には考えられない発想をする人のようです。

そんなパンダ渡辺氏が、MDITという秘密結社にであったことで、はじめたのが最新オファーMDITカレッジです。

MDITってなに?


秘密結社って秘密なのに、こんなに大々的にいってしまっていいの?
どうやらMDITは世界中のいろいろな情報を入手できる機関のようです。

パンダ渡辺氏がガンを克服できたのは、MDITがもたらす情報が要因ということですから、すごい情報網といえます。

そんなMDITの情報網を使って稼がせてくれるのでしょうか。

MDITは関係ない?


渡辺氏は商材の第3話にて、MDITカレッジは「アフィリエイト」であることを認めています。

そして、秘密結社MDITの話は一切出てこなくなりました。

MDITはどうなった?
プロジェクトの冠に据えながら、何の説明も、関わりもないのでしょうか。

このプロジェクトに、MDITという秘密組織がどう関わってくるのか気になります。

MDIT=秘密結社を出してきた本当の理由


パンダ渡辺氏の販売手法は、どこか霊感商法に似ているとの指摘があります。

簡単にいうと、霊感商法とは、幸せになるためには○○を買いなさい、お金を納めなさいといった商法のことです。

霊感商法には必ず、教祖または代表と呼ばれる絶対的な存在がいます。

教祖、代表はその組織の中では、絶対的な存在として君臨しており、神なのです。

今回のMDIT=秘密結社との関わりをアピールすることは、パンダ渡辺氏が選ばれた人間であることをアピールすることが目的であると考えられます。

商材の中で、インタビュアーである坂本まり氏が、「パンダさんの側にいるだけで稼げるようになる」と発言するなど、まるで神かのような扱いです。

これまで、提供する商材が散々のパンダ渡辺氏、返金希望者もかなりの人数でした。

今回は返金対策でしょうか。

神=パンダ渡辺氏を信じるものは救われると‥‥。

信じていれば必ず儲かると思い込ませようとしているのです。

これは個人的な見解なので、パンダ渡辺氏の本意はどこにあるのでしょうか。

 

分配大好きパンダ渡辺は、口だけで一切分配の実績なし!のまとめ

パンダ渡辺氏こと、渡辺雅典氏の評判はあまり良くはありません。

彼がオファーをはじめたとの情報だけで、被害者の会の準備を、はじめようとする人もいます。

渡辺氏、信用なさ過ぎです。

実際に富の分配は、行われていません。

それはまぎれもない事実です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*