プロフィール、会社評判にみる和佐大輔流ビジネスは?

ネットビジネスの「価値」にこだわっておられるのが和佐大輔さんです。和佐さんが自らのライフスタイルを貫いていかれるには理由があるのです。

強い精神力を持ってビジネスを展開する和佐さんです。ここでは、和佐さんのプロフィールとともに、会社のことなどについてご紹介します。

和佐大輔さんのプロフィールは?

「自分自身は好きな楽しみ方をして、人には価値を与える」そう断言されているのが和佐大輔さんです。苦しみ、挫折、悲観、そういう思いをされてきているのが和佐さんですが、今のビジネスを見ますと、そんなことはなかったかのような活躍ぶりです。

「何が彼をそうさせたか」そういう部分について明らかにしていきたいと思います。
「13歳で大事故」・・・和佐大輔さんを語る上で非常に重要な出来事です。事故によって首から下の運動機能を失われたのです。

それから12年、ネットビジネス界におけるカリスマとまで呼ばれるようになった和佐さんは、誰もが気軽に話せる相手なのです。
信じられない事故、重傷、そんな苦しみの青少年時代を乗り越え、「今の時代に何が求められているのか」を私たちに語ってくれています。

1988年、和佐さんは高知県で誕生されました。しかし、その13年後、中学生だった和佐さんにとっての悪夢が現実となって襲い掛かりました。和佐さんは、その海での事故によって、障害のある体になってしまわれたのです。和佐さんは、その時のことを「10年前なら死んでいただろう」と振り返っておられます。

しかし、そのような障害のことやその時に味わった人生への屈辱のことを今でも語られます。
その時から車いすでの生活を余儀なくされますが、高校時代にネットビジネスに目覚められました。

18歳で会社を設立し、「和佐流のビジネス」を展開され、1年間で1億円を稼がれるというという偉業を達成されたのです。プロフィールを語る上で、このスピード感は本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

「人から感謝され、お金に困らない生き方を」という信念を持ってビジネス活動をされ、多くの方から信頼もされているのです。
車いすでの生活は並大抵なものではありません。何をするにも不便を感じるものでしょう。

しかし、その苦難を苦難と思わずに生きてきておられるだけでもすごいことだと思われます。しかし、和佐さんは、ネットビジネスで成功されているのです。今の地位にたどり着くまでの努力は、想像するだけでも頭が下がります。

和佐大輔さんの会社は存在する?

今の和佐さんは、株式会社ICCの代表取締役、イデアパブリッシング株式会社取締役をされています。

事故後一年という速さでの起業、そして会社社長の地位にまで登りつめられます。そこには、考えられない精神力を感じずにはいられません。もちろん周りの支えもあったことでしょう。このような状況の中で着実に売り上げを伸ばし、実績を作りながら今の地位にまで登りつめられたのです。

和佐大輔さんの会社の取組みの一つが「ブログ解体新書」という情報商材です。

「ブログ解体新書」

情報商材そのものの販売が厳しい中で(詐欺並みの商材があふれていた)何とかして真の商材を提供したいという思いと、ネット業界そのものを変えたいという考えで出来上がったのが「ブログ解体新書」なのです。

この会社では、和佐さんのビジョンが浸透していると思われます。人のためになんとかしてあげようとする和佐さんの熱い思いということが言えるでしょう。

和佐大輔さんは有名?

上述の会社での取組み・・・これが和佐大輔を一躍有名にしたきっかけだと言ってもいいでしょう。この「ブログ解体新書」やコンサルタント活動によって、初心者から大成功を収めた起業家まで輩出することになったのです。

和佐さんのビジネスにはキレがあります。サイト内でも和佐さんのビジネスのおかげで自分も成功できた、和佐さんの手法に共感したなど、各界から感想が寄せられています。そこには、和佐さんの「人のために」という強い思いが感じ取れるのです。

また、ある方が和佐さんの人物像に迫っておられる中で、和佐さんは、人(起業を目指す人など)に対して「気づきを与えて、その人の成長を待つ」人だと言われています。

上述しましたが、和佐さんの精神「人のために」は、親切丁寧に教えるものではなく、成長のヒントを与えてくれるというものなのです。ヒントは与えるが、後は見守るということでしょう。これによって人は成長していくということには納得できますね。

また、和佐さんを評して「可能性を広げてくれる人」というように言われる方もおられます。和佐さんの会社でも「和佐さんは、仕事をどんどん人に任せる人だ」という評判のようです。「人のために」という精神がここにも表れていることがお分かりいただけるでしょう。会社のスタッフも任されたら頑張ります。このようなコミュニティの好循環が会社を大きく成長させているということもわかります。

成功した起業家の中でもよく名前が出てくる和佐さんですが、次のような「和佐評」をする方もおられます。この方の言われる「和佐さんは思い付きのようにされているが、決して思い付きでやっているのではない」ということには注目したい内容です。

『和佐さんは「自分を120%出して生きている」と思います。その理由として、人に与えることが大好きな方です。自分のビジネスについて熱く語られることが多いのですが、惜しげもなく自分の成功経験を人に与えることで、その手法によって起業家の方が成功することを望んでおられます。

また、思い付きのように新たなビジネスを展開したり「こんなに早く終わるの?」と周囲が驚くほど速くあきらめたりする方です。

しかし、意味なくあきらめが早いのではありません。しっかりとした彼の目標や先読みがあります。そこに、和佐さんのもう一つの素晴らしい一面があります。抵抗や障害にぶつかったら、次どうするかをもうすでに考えているということです。それが和佐さんと言う人です。』

和佐さんを有名にしている中で「ネットビジネス大百科」というマーケティングのノウハウについて学ぶことができる教材があります。これは、和佐さんが木坂健宜さんとともに作り上げた教材です。

木坂さんは、コピーライターとして非常に有名な方です。
この二人が手がけたのが、コピーライティング・マーケティングスキルというものが二人によって熱く語られているのです。

ネットビジネス初心者の方にとっては、非常にわかりやすい内容になっています。ここで、「ネットビジネス大百科」についてご紹介しましょう。まず「リストの獲得」という要素があります。リストの方に「情報商材を作って売る」という単純なノウハウです。

この単純さが起業を始める方にとっては有効なノウハウになるのです。アフィリエイトを志す人にとっても自分の商品を売り出すため応用にできるのです。この商品を売り込むためにコピーライティングスキルを学ぶことになります。

まとめ

いかがでしょうか。和佐大輔さんのプロフィールや会社のことについてご紹介しました。成功を収めているどんな起業家でも、それなりの苦労があるものです。

簡単にはいきません。しかし、和佐さんは自らのハンデとしっかりと向き合いながら、いち早く気持ちを切り替えてネットビジネスの世界に入られたのです。

人間としての目標ということも考えられたでしょう。また、ネットビジネスでの目標もしっかりと持たれたのでしょう。それが今の和佐さんを象徴しています。和佐さんがビジネスを始められたころ、どんな思いだったのでしょうか。

自分のハンデ(弱さ)を乗り越えられ、自分のことと共に多くの人のために活躍される強き和佐さんから、もっと多くのことを学びたいものです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*