ティーンエイジャープロジェクト、天野みずき氏は怪しい?

「ティーンエイジャープロジェクト」、合法インサイダーってなに?

10代で億の富を築いた天才が手がける、無料オファーがきました。
かなり稼げるアピールが強烈な、このオファーですが、一体どういうものなのでしょう。

●裏技「合法インサイダー」で稼ぐ


「ティーンエイジャープロジェクト」は、合法インサイダー取引で稼ぐと言っています。
合法という言葉にあまり良い印象をもてませんが、法に触れない合法的な、インサイダー取引などあるのでしょうか。

実は、インサイダー取引が、違法にならない世界があります。
それが、仮想通貨の世界です。
FXでもインサイダー取引は違法ではありませんが、FXではインサイダー取引自体が存在しません。
あるのかも知れませんが、FXの市場は大きいため、インサイダー取引をしたところで儲からないので、誰もやりません。

2018年1月末に、大手取引所である、ビットフライヤーにLiskという仮想通貨が新たに上場しました。
この上場を機会に、Liskの価格は上昇しています。

この上場について「かなり前から知っていたので、儲かりました」と、事前に上場の情報を知っていたということを暴露し、インサイダー取引があったことを告白しています。
このツイートは事実でないとされていますが、仮想通貨の世界では、インサイダー取引は違法ではありません。
事前に内部事情を知っていれば、大儲けすることもできてしまうのです。
実際ありえない話ではないでしょう。

仮想通貨は証券ではないので、インサイダー取引を違法とはしていません。
「ティーンエイジャープロジェクト」がいう、裏技=合法なインサイダーで稼ぐとは、仮想通貨の世界で稼ぐということなのでしょうか?

インサイダー取引で稼ぐということは、内部情報を知っていなければなりません。
正確な情報を、誰よりも早く知ることが大事です。
情報を早く、確実に手に入れるためには、かなり優秀な人脈が必要です。
天野みずき氏の人脈が、どんなものか気になります。
天野氏の黒い人脈については、後半にじっくり書いてありますので、最後まで読んでくださいね。

●インサイダー取引とは


ときどきニュースに取り上げられ、ニュースになったりしているインサイダー取引ですが、どんなことなのかいまいち良く分かりません。
インサイダー取引とは、株価を左右するような重要な情報を、公表する前に知っている状態で、株の取引を行うことをいいます。

インサイダー取引は、非常に曖昧な基準です。
知らない間に違反してしまい、逮捕されてしまうかもしれません。

規制を厳しくしすぎてしまえば、株の取引をする人が減ってしまいます。
株取引を行う人が減ってしまえば、日本の経済は滞ってしまうでしょう。
日本の経済も発展させなければいけないし、規制もしなければいけないという矛盾が、インサイダー取引を曖昧にさせています。

インサイダー取引は、罰則がかなり厳しいです。
個人に対しては、5年以下の懲役や、500万円以下の罰金、インサイダー取引で得た財産の没収、法人に対しては5億円以下の罰金となっています。

「ティーンエイジャープロジェクト」は29万8千円、高いか、安いか


29万8千円はけして、安いとは言えない金額です。
セールス動画では、もともと50万円だったそうなので、超大幅割引になっています。
すごいお買い得って、そんな訳ありません。

50万円という金額をつけたのは、天野氏です。
結局は元の値段なんて、販売者のさじ加減でどうにでもなります。
値引き率なんてあてになりません。

「ティーンエイジャープロジェクト」が稼げる商材か、そうでないかで、29万8千円が高いか安いかは判断されます。
稼げるなら、29万8千円だろうが、それ以上だろうが払って購入したいです。
「ティーンエイジャープロジェクト」は、結局のところ稼げるのでしょうか?

●「ティーンエイジャープロジェクト」は稼げるのか?

結論から言えば、「ティーンエイジャープロジェクト」は、稼ぐことができません。
あまりにも、矛盾が多く、情報は虚偽だらけです。
嘘をつかなければいけないのはなぜなのか?

嘘をつく=真実を隠すことです。
「ティーンエイジャープロジェクト」の真実とは、稼げないということでしょう。
稼げない事実を隠すため、ここまで虚偽の情報で固める必要があるのです。

「ティーンエイジャープロジェクト」なら、毎日少しの時間(5秒)で、月収100万円、年収1200万円が最低でも稼げると、天野氏はいいます。
方法はスマホを、ポチッとするだけです。
出ました、ポチッと。
スマホをポチッとで稼げる理由が、まずわかりません。

以前メディアで騒がれていた、「ヒルズ族」と呼ばれる人を覚えていますか?
「ヒルズ族」皆がそうである確証はありませんが、大抵の「ヒルズ族」の派手な暮らしは、虚偽でした。

レンタカーをかり、ブランド品をかり、札束までかりて、自身が稼いでいるアピールを強烈に行っていました。
全ては自身が関わる、情報商材を売るためです。
天野みずき氏には、「ヒルズ族」と同じ香りがしてなりません。

そもそもお金持ちがどうして、わざわざ情報商材を売る必要があるのでしょう。
今なら割引価格、今ならプレゼントがつくと、購入を急がせるような動画まで作成しているのです。
すぐにでも、金が欲しい人の商品の売り方です。
すごく矛盾を感じます。

10代にして億万長者の超天才 天野みずきとは


「ティーンエイジャープロジェクト」の天野みずき氏は、とにかく稼いでいます。
現在20歳とのことですが、動画で見る限り少し大人っぽい印象です。
というか、もっと年上じゃないのかなと思えます。

10代で億万長者になったことから、「ティーンエイジャーミリオネア」と呼ばれているそうです。
15歳でアプリ開発の会社を企業し、17歳で月に数百万円稼いでいました。
日本でも、システム会社やアパレル会社を経営している、若き実業家です。
と、天野みずき氏は「自称」しています。

天野みずき氏の儲けている自慢は、全て本人が語っているだけで、なんの裏付けもありません。
自身が経営する、日本のアパレル会社の名前も明かさないのです。
企業の名前を明かさないのは、何か問題でもあるのでしょうか?
会社名を明かしてしまうと、嘘がばれちゃうからとしか思えません。

10代で成功を収めていることは、やはり同世代の人に与えるインパクトは絶大です。
天野みずき氏は、20代の若者たちの間で、絶大な支持をえています。

●天野みずき氏は、ミリオネアYouTuber

天野みずき氏は、YouTuberです。
YouTube上では、ミリオネアYouTuberとして知られ、彼がアップしている動画のタイトルは、「僕が10代でお金持ちになれた理由」です。
その他は「FX」等のトレードの動画が多くありました。

天野みずき氏はアンチが多いですが、ツイッターで「自分が本物だということがいずれ分かる」と発言しています。
かなり強気です。

天野みずき YouTuberラファエル氏とコラボ


「ティーンエイジャープロジェクト」の天野みずき氏は、YouTubeであのYouTuberラファエル氏とコラボしていました。
良くも悪くも有名なYouTuberラファエル氏と、天野みずき氏はどんな関係なのでしょうか?

●YouTuberラファエルとは

2014年11月から活動を開始している、素顔を明かさない、「仮面のYouTuber」です。
2017年、3人のYouTuberに、マイクロトレードサービス・VALUでのインサイダー取引疑惑が持ち上がりました。
その3人のYouTuberの中の1人が、ラファエル氏です。
ラファエル氏は、情報商材屋とのつながりも噂され、あまり評判の良いYouTuberではありません。

●天野みずき氏、YouTuber人脈がやばい

天野みずき氏の「ティーンエイジャープロジェクト」は、誰から送られたものか知っていますか。
元々ラファエル氏と動画で共演していた、「富豪YouTuber芹那」氏です。
天野みずき氏は、「富豪YouTuber芹那」氏と関係があるようですね。
調べていくと、関係があるどころか、「富豪YouTuber芹那」氏と、天野みずき氏は共通点が多くあることに気づきます。

●富豪YouTuber芹那氏とは

芹那氏はYouTubeで、札束や金塊を見せつける人として知られており、YouTube上でとにかく、お金持ちアピールをしていました。
芹那氏はただのお金持ちではありません。
「マザーギフト」という、100%億万長者になれるシステムを、無料で提供するとしていた人物です。

●「マザーギフト」は、怪しさ満載の商材


個人情報を第三者と共用し、取り扱いを第三者に委託すると、小さくですが記載しているあたり、かなり怪しいといわざるをえません。
個人情報保護法が施行されてから、どの業界でも個人情報の取り扱いには過敏になっています。
そんな中で個人情報を、第三者に委託すると言えちゃうところ、危なすぎです。

こんなに稼げるとユーザーを煽った上で、芹那氏は、高額商品を売りつけようとしていました。
マザーズギフトは、30万円、60万円、最終的に120万円の高額商品が待ち構える、恐ろしい商材だったのです。
もちろん、ビジネスモデルはわかりません。

芹那氏が金持ちアピールに使っていた札束(1億3千万)を、ラファエル氏と共有していました。この1億3千万円は、自分のお金と言い張る芹那氏でしたが、結局2人のどちらのものでもありません。

では、誰のものなのか?
1億3千万円の持ち主は、情報商材のドンこと、渡辺雅典氏です。
ラファエル氏や芹那氏の、金持ち印象付け動画撮影のときのみ、貸していたようです。

渡辺氏は過去に、いくつかの商材を販売していた人物です。
それらの商材はことごとく、評判が悪く、ネットには次々に被害者の会と名乗る掲示板が誕生しています。

「ティーンエイジャープロジェクト」天野みずき氏を、ちょっとつついただけで出てくる、黒い人脈、他にもつないでいけば、もっと出てくるでしょう。
天野みずき氏の人脈は、まさに怪しい人ばかりと言っても過言ではありません。

こんな黒い人脈から得た情報など、信じられますか?
どんなに、インサイダー取引が合法な仮想通貨の世界でも、もたらされる情報がインチキなら稼ぐことは出来ません。
天野みずき氏の人脈は、他人をだますことに対して、罪悪感を持たない人たちです。
到底信じることは出来ません。

「マザーギフト」や、渡辺氏の評判の悪い商材も、天野みずき氏が関わっている人が、しかも過去に行ったことです。
「ティーンエイジャープロジェクト」には、関係のないという人もいるかも知れません。

でも良く見てください。
芹那氏と天野みずき氏は、共通点が多くないですか?
まるで、芹那氏の男性バージョンかのようです。
とにかく「稼げる」連呼、そして金持ちアピールがそっくりすぎます。

ここまで似ていると、さすがに関係がないとは言えないのではないでしょうか。
あまりのも似すぎていて、「ティーンエイジャープロジェクト」にも、超高額商品が後に控えている気がしてなりません。

「ティーンエイジャープロジェクト」なんだか、随分きな臭い感じになってきました。
情報商材を購入した向けに、そうそうに被害者の会掲示板が出来ることも多くなってきています。

「ティーンエイジャープロジェクト」も、情報商材を使って、だましを行っていた人が関わっているのです。
購入した人は、早めに仲間を募っておくと良いかもしれません。
「ティーンエイジャープロジェクト」怪しいです。

「ティーンエイジャープロジェクト」、天野みずき氏は怪しい?まとめ

「ティーンエイジャープロジェクト」を手がける天野みずき氏ですが、本人が語る言葉は嘘ばかり、関わりのある人物はいわく付きです。
彼の何を信じたら良いのでしょう。

彼が自分のものだと話す、タイやバンコクの家の動画?
海外のコンドミニアムは、持ち主が滞在していないときに、観光客に貸しだしを行っていることも多いです。
天野氏が「自分の家」だと話す家は、持ち主が不在のため貸し出されたものかも知れません。

彼の話す言葉や、公開する動画には、ひとつも確証的なものはないといえます。
確証のないふわっとした、もっともらしい情報を信じるかどうかは個人の自由です。
あなたの大事な資産を、そんな曖昧なものにかけてしまって、本当にいいのですか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*