西田氏の「俺のニュース」ってどんなニュース?内容を調べてみた!

「10分で100万円稼げる」「毎月200万円保証」と言ったキャッチコピーに引っかかりお金を騙し取られた方が多いですが
あなたは引っかかってませんよね?

初心者からすると、「こんなにおいしい話があるのか!」と思って無料オファーに参加してしまったり、「高額塾に入ったら稼げるかも」
と考えてしまったり、「来月には出社しなくていいや!」と淡い期待を抱く方もいるかと思いますが、全ては偽りで本当に稼げるものではなく
お金をだまし取る戦術になっています。

 

情報商材と言う言葉を知らない方からすると、この手のキャッチコピーに騙されてしまいます。

実際に私もそうでした。

どうしても自由になるお金が欲しかったから、どうにかしてでもお金がほしい。

稼げるものはないのか?

 

とネットで検索をすると情報商材のLP。

今見るとなんでこんなのに騙されたんだろうと思うので、ネットに疎い方や、ネットビジネス初心者の方の気持ちは痛いほど分かります。

 

その気持ちが分かるので、怪しい商材に騙されないようにしてほしいと思いました。

 

そして今回のお話は、「俺のニュース」と言ったネットビジネスについてです。

このビジネスは怪しいのか。

または稼げる案件なのか。を紹介していきますので、最後まで読んで見てほしいと思います。

 

俺のニュースって何をするの?

さて早速ですが、「俺のニュース」はどんなビジネスモデルなのでしょうか?

調べてみると、ニュースの記事にコメントをするだけで稼げる。と言ったもので

  • 一日一回ニュースをみる
  • 10分程度の作業
  • 一ヶ月最低200万稼げる

と謳っております。

 

ニュースの種類は様々で好きなものにコメントをするだけで稼げる。見たいですね。

本当にこんな簡単なことなら挑戦してみたいと思いますが、果たして本当なのでしょうか?

 

そしてこのコメントは、コメントが欲しい会社に買ってもらうそうで、その報酬を支払う。

と言うことですが、こんなコメントを欲している方がいるのでしょうか?

 

このコメントに何万も払うなら、コピーライターに頼んだ方が質も良く、マーケティングになるのかなって思ってるんですが、、

なんかだんだん怪しい雰囲気がしてきました。

 

もしこれが本当なら今すぐ仕事を辞めて、「俺のニュース」一本で生活をしていきたいと思いますが
果たして信用できるのでしょうか。

 

とその前に俺のニュースの西田氏について調べてみました。

 

俺のニュースの西田氏とは

今話題の「THE HANABI」について徹底的に調べてみた
俺のニュースの西田氏について調べてみましたが、西田氏に関わる情報がありませんでした。

情報がないと言うことは、実績がない可能性があるので、あまり信用ができないかなと思いました。

 

そして西田氏の会社の場所を調べてみると、「ここが会社?」と思うような場所でした。

俺のニュースで稼いでいるならもっと良い場所に住めると思うのですが、、

本当にここに住んでいるのか?と思い

 

情報を探していると、「バーチャルレンタルオフィス」の可能性が浮上してきていたので、
バーチャルレンタルオフィスなのかなと感じました。

 

情報商材を販売する方にバーチャルレンタルオフィスを使っている方をたくさん見かけます。

なぜかと言うと、何か会った時すぐに逃げるため。

 

会社を建ててしまうと、逃げる時に邪魔になるので、いつでも逃亡できるようにバーチャルレンタルオフィスを利用しています。

情報商材を販売している方は、このような手法を使うのでバーチャルレンタルオフィスだと分かったら少し怪しむ必要が出てきます。

ですので情報商材を購入しようと思う方は、必ず特商をきちんと読み、住所を調べてみると良いでしょう。

 

住所だけではなく、電話番号は記載されているかどうかも確認してみてくださいね。

 

西田氏に関わることはあまり載っていませんでしたが、西田氏の「俺のニュース」についての口コミはたくさんありました。

どのような口コミなのかをお伝えしたいと思います。

 

口コミについて調べた

口コミにはどのようなことが書いてあるのでしょうか?

何個か紹介したいと思います。

 

  • 最終的に高額塾
  • コメントはどんな内容でもお金になる
  • レンタルオフィスだからあんまり信用できない

悪い口コミばかり書いてあるようでしたが、気になったのが「コメントはどんな内容でも承認されると言うこと」

ニュースに対してのコメントはふざけたコメントでも、報酬になると言う口コミを見つけたので
もしかすると、書いたコメントは確認されないのではないか?

と疑問が浮上してきました。

 

このことからコメントは大事な要素ではないと言うことかなと思いますので、少し怪しい雰囲気が増してきました。

もしニュースにコメントをして報酬が発生する場合、きちんとコメントを確認してから販売業者に渡しますよね?

ふざけたコメントを高額で買ってくれる、お人好しなんてどこにいるのでしょうか?

 

だんだん詐欺っぽい雰囲気が出てきましたね。

 

そして最終的には高額塾を販売してくるらしく価格は30万ほど。

この商品を買わないと、今までの報酬は0と言うことでしょうか?
後からこんなこと言われても正直困りますよね。

仮に30万の商品を買ったとしても、報酬が振り込まれるのか確定している訳ではないですので
十分に気をつけて欲しいと思います。

俺のニュースは無視したほうが良い?


さて俺のニュースについてお話ししてきましたが、あなたはどう思いましたか?

きっと胡散臭いと思ったはずです。

 

私もその意見には賛成で、俺のニュースは信用できないものだと思いますので
俺のニュースは無視した方が良いかなと感じます。

適当なコメントを書いて、お金になるって小学生でもできますよね?

このようなビジネスモデルは少し考えられませんので、俺のニュースに関わらない方が良いでしょう。

 

仮にちゃんとしたコメントを書いても5000円くらいでないでしょうか?

そして、このようなコメントはクラウドソーシングに頼めば、安く発注できますので私たちに高額なお金を払う必要がないのです。
もっときちんとしたビジネスモデルを作った方が良いかと思ってしまいました。

もし騙そうとしてこのようなビジネスモデルを作ったとしても、あまりにも無理があるビジネスモデルですよね。

 

ですので俺のニュースには関わらない方が、あなたのためだと思います。

詐欺かどうか分からない、ビジネスにお金をかけるなら違うものにお金を使った方が良いのではないでしょうか?

リスクを負ってまで俺のニュースにこだわる必要はないかなと思います。

 

騙されないようにするには?


今回紹介した、西田氏の俺のニュースですが、あまりにもビジネスモデルがひどいですね。

そしてこれから色々な情報商材に出会うかもしれませんが、どうすれば騙されないようにすることができるのでしょうか?

情報商材に騙されないようにするポイントをお話ししたいと思います。

 

特商をきちんと読む

まずは情報商材の特商をみてみましょう。

電話番号はきちんと記載されているのか確認してみてください。情報商材を販売している方は
電話番号を記載していないケースが多いです。

なぜならば、何かあった時連絡の手段をなくすためです。

 

騙す前提で情報商材を販売する場合、電話番号を記載することで「返金してくれ」と電話が鳴り響きますよね。

ですので電話番号を記載しないことにより、そういった電話をシカトすることができるのです。

 

LPの誇大広告に騙されない

LPには「簡単に稼げる」「月収300万保証」「誰でも稼げる」など甘い謳い文句であなたを騙そうとしてきます。

そういった言葉に騙されないように気をつける必要があります。

そもそも情報商材のほとんどが怪しいですので、最初から疑ってください。

 

私の感覚的には90%以上の情報商材が詐欺だと思っています。

販売側からすると、情報商材ってとても稼ぎやすいもので、商材を作るコストはたかが知れていますし
何と言っても初心者を狙っているビジネスですので、簡単に引っかかってくれるわけです。

 

ネットに疎い方はたくさんいるので、そういう方達をカモにしています。

今回の俺のニュースは、過去のバブル時代を味わった、40代50代をカモにしているLPでしたよね。

 

無料より高いものはない

商材は最初、無料オファーを提供することで集客しています。

最初から商品を販売するより、無料オファーを出して見込み客を教育してから商品を販売するのです。

 

「無料だからやってみよう」と思って少しでも手を出すと、後々高額な商品を買わされる場合がありますので気をつけましょう。

無料と言う言葉に騙されてはいけません。

 

3つ紹介しましたが、この3つに注意して情報商材に騙されないように気をつけて欲しいと思います。

情報商材で騙される方はたくさんいますので、「自分は大丈夫」と思わないで欲しいと思います。

 

ではもしも商材に騙されてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

騙されないようにしても、騙されてしまうことがあるかも知れません。

 

ですのでこれから騙された場合の対処法を教えようと思います。

商材に騙された方は参考にしてみてください。

 

詐欺にあった時どうすればいい?

騙されて詐欺にあった場合の対応をお伝えしていきます。

泣き寝入りしてはダメですよ?

 

消費生活センターに頼ってみる

消費生活センターは、無料で利用できる場所です。

消費に関するトラブルは消費生活センターに頼ってみることで解決できる場合があります。

 

詐欺にあったことを伝えると、消費生活センターのスタッフは直接販売会社に連絡をして返金を促してくれます。

直接やりとりをすることで返金してもらえる可能性がありますが、強制ではないので相手が返金をしてくれなくても
こちらは何も言えません。

相手次第になってしまいますが、連絡をしないよりは連絡をした方が良いかなと思っています。

返金してもらえる可能性はゼロではないので。

 

消費者庁に相談してみる

消費者庁は、消費生活センターとは違って立入検査や、排除命令を出すことができる機関です。

法的行使力を持っているので、消費生活センターより強制力があると言うことです。

 

ですので詐欺にあったことを伝えると動いてくれる可能性があります。

可能性があるだけで必ず動いてくれるわけではありません。

あなただけの被害では動いてくれる可能性は低く、何人か被害者がいなければおそらく動いてくれないでしょう。

 

どうしても一人一人対応していくと時間がかかってしまうので仕方ないことだと思います。

こちらも連絡しないよりは連絡をした方が良いですので、消費生活センターと消費者庁、両方に連絡してみることをオススメします。

 

集団訴訟を考える

集団訴訟は、一人で行う訴訟ではなく集団で行う訴訟です。

集団で行うことで、弁護士費用も抑えれることがメリットになります。

 

集団訴訟に参加する方で、弁護士費用を負担しますので、参加する方が多ければ多いほど負担する費用も軽減されます。

「MatoMa」と言うサイトを使って集団訴訟を検討してみると良いでしょう。

「MatoMa」は集団訴訟のプラットフォームで、これから集団訴訟に参加する方がたくさん集っています。

 

参加することもできますし、自分で立ち上げることもできます。

ぜひ「MatoMa」を利用してみて欲しいと思います。

まとめ

いかがでしたか?「俺のニュース」についてお話ししました。

まとめると

  • 「俺のニュース」はニュースの記事にコメントをするだけで稼げると謳っている
  • 西田氏の情報は少なかったため実績がないと思われる
  • 良い口コミは少なく、最終的には高額商品を売られる
  • 商材に騙されないようにするには、特商を確認、誇大広告に注意、無料オファーには気をつける
  • 騙された時には集団訴訟を検討してみる

 

まとめるとこのような感じになりましたが
今回の俺のニュースは少し怪しい部分が多いので、信用しない方が良いと思います。

ニュースにコメントを書くだけでお金がもらえるわけではありませんので気をつけてください。

 

被害に遭われる方が少なくなることを祈っています。

それではまた。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*