マルチ商法は嫌われる!その理由を明らかに!成功するためには?

マルチ商法という言葉を聞いて、あなたはどのようなイメージを持ちますか?マルチ商法について知っている人は、ほぼ例外なく悪いイメージを持っています。

「マルチ商法は嫌われている」

そう言っても過言ではありません。

なぜマルチ商法は嫌われるのでしょうか?この記事ではその理由を明らかにします。またマルチ商法で成功するための方法も考えてみたいと思います。

1. 嫌われるマルチ商法・・・そもそもマルチ商法とはどんなもの?

マルチ商法は、専門的な言葉で言うと「連鎖販売取引」です。ネットワークビジネスやMLM(マルチレベルマーケティング)なども、マルチ商法と同じ意味で、法的にはすべて「連鎖販売取引」とみなされます。マルチ商法という言葉はイメージが悪いので、ネットワークビジネスなどの横文字でごまかしているだけです。

1-1. ねずみ講とマルチ商法の違いは?

ねずみ講とマルチ商法を混同している人がいますが、明確に違います。
ねずみ講・・・無限連鎖講であり違法行為。商品やサービスがない。
マルチ商法・・・連鎖販売取引と呼ばれ、商品やサービスを介在する。

どちらもどんどん会員を勧誘して紹介料や手数料を得ていくところは同じですが、商品やサービスがあるかどうかで区別されます。商品やサービスが申し訳程度のもので、会員の勧誘が収益のメインであるような場合もねずみ講とみなされます。

マルチ商法とはどんなものか、より詳しく正確に知るためには「連鎖販売取引」について理解する必要があります。

1-2. 連鎖販売取引とは

連鎖販売取引について、特定商取引法では、以下のような条件に当てはまる販売取引のことであると定義しています。

①物品の販売(または役務の提供等)の事業であって、②再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を③特定利益が得られると誘引し④特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む)をするもの

そのまま読んでも理解しにくいので、①~④の各条件にわかりやすく説明を付記しますね。

1-2-1. ①「物品の販売事業(または役務の提供)の事業であって」

マルチ商法に多いのは健康食品や化粧品ですが、売買できる形のある商品はすべてあてはまります。括弧書きの「役務の提供(えきむのていきょう)」はわかりやすく言い換えれば「サービスの提供」のことです。

参考:国税庁HP/第5節 役務の提供
https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kihon/shohi/05/05.htm

1-2-2. ②-1「再販売、受託販売もしくは販売のあっせん」

再販売:自分が仕入れた商品を誰かに販売することです。
受託販売:他人から委託されて商品を売ること。手数料が発生します。
販売のあっせん:販売者側に立って、商品を紹介することです。

1-2-3. ②-2「をする者を」

上記の内容の業務に携わる者、つまりマルチ商法の「会員(ディストリビューター)や販売委員を」という意味です。

1-2-4. ③-1「特定利益が得られると」

特定利益:紹介料や販売マージン、何人集めたらボーナス、等の会員が得られる利益です。

1-2-5. ③-2「誘引し」

新規会員を上記のうたい文句で勧誘することですね。

1-2-6. ④「特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む)をするもの。」

特定負担:入会金、商品購入費、研修費等の会員が負う金銭的な負担のことです。

1-3. 連鎖販売取引の特徴

私たちがコンビニやドラッグストアのような小売店で物を買ったり、エステサロンや美容室でサービスを受けたりするような、一般的な商品流通やサービス提供とは異なり、

『購入者(会員)が新たな購入者(会員)を勧誘し、その相手に商品やサービスを販売する事で手数料を得るという形が、多段階式に連鎖していく』

という販売形態です。

連鎖販売取引は、特定商取引に関する法律(=特定商取引法)で厳格に規制されていて、「事実上、禁止されている」と言っていいほど、悪質な商行為になりうる販売方法です。

では、なぜ、連鎖販売取引と言われるマルチ商法が悪質で嫌われる販売方法となってしまうのでしょうか。

2. マルチ商法が嫌われる理由

2-1. 商品やサービスの信頼性

マルチ商法の会員は、自社の商品やサービスがいかに高品質で人気があるものであるか、商品やサービスを利用したことでどれだけ効果があったか、などを力説します。これは普通の販売営業でも同じではあるのですが、口コミや評価は一般顧客のものがほとんどないので、商品やサービスの信頼性について客観的に判断しにくいです。

2-2. 商品やサービスの価格設定

マルチ商法の商品やサービスは、同等の品質のものと比べて一般的に高価格です。高い理由は単純に会員に支払われるバックマージン分が上乗せされているからですが、多くの場合その商品やサービスの市場価格よりも高すぎる価格設定になっています。

2-3. 人間関係を壊す

知人や友人にしつこい勧誘をしてきたり、相手の迷惑もかえりみずに延々と商品やサービスについて語ったりするためにマルチ商法の会員は敬遠されることが多々あります。家族からやめるよう説得されても聞く耳を持たずに、まるで洗脳されたかのように『ビジネス』に没頭していきます。

2-4. 実際に被害がある

人間関係が崩壊することも大きな被害ですが、何よりも不良在庫を抱えて借金まみれになるなどの金銭的被害も多数報告されています。うまくビジネス展開できて稼げた人というのはほんの一部の人だけで、マルチ商法はそのシステム自体が大多数の被害者が生まれることで利益を作り出すものです。

結果的に、迷惑に感じたり、不幸な目にあったりする人が多いのが、マルチ商法が嫌われる大きな理由であると言えます。

3. 嫌われるマルチ商法とネットワークビジネス

マルチ商法とネットワークビジネスは、知識がある人からはかなり嫌われています。インターネット上では、マルチ商法とネットワークビジネスの危険性の紹介や、悪質な勧誘事例、どのようにしてマルチ商法の勧誘を撃退すればよいか、などの「アンチ・マルチ商法」とも言えるコンテンツを持つサイトがたくさんあります。

3-1. マルチ商法を擁護するサイトもあるが...

マルチ商法とネットワークビジネスを擁護したり、称賛したりするサイトがないわけではありませんが、圧倒的に数は少ないです。それらのサイトの内容を見てみると論理展開に無理があるものが多く、普通の人には理解されにくいものとなっています。

3-2. 公的機関はマルチ商法の勧誘に注意喚起

そもそも、消費者庁が旗振り役となり、国民生活センターなどの公的機関や都道府県などの自治体の広報でもマルチ商法の勧誘に対して注意喚起がなされています。基本的に「悪徳商法」のカテゴリとして扱われていますので、嫌われないようにすることに無理がある販売方法なのです。

3-3. 特定商取引法でがんじがらめ

とどめを刺す話をするなら、すでに冒頭で述べたように「連鎖販売取引」として特定商取引法でがんじがらめに規制がかけられていますので、マルチ商法に手を出すことは法律的にも大きなリスクがあることを知るべきです。

4. 嫌われるマルチ商法で成功するためには

嫌われるマルチ商法で成功するやり方はあるのでしょうか?

4-1. マルチ商法は誰かを犠牲にするビジネス

何をもって「成功する」とみなすのかにもよりますが、自分もそして下位の会員も、商品購入者も、すべての人が満足する形での「成功」はありえません。マルチ商法の仕組み自体が下位の会員を食い物にすることが前提となっていますので、必ず誰かが犠牲になります。

4-2. 成功するにはアップラインに位置するしかない

そんな犠牲があっても自分が稼げればよい、という「成功」なら可能性はあります。それは、新しい商品やサービスのマルチ商法の最上位アップラインに位置することです。つまりマルチ商法を自ら始めるのが一番の「成功」の近道です。

4-3. 誰かに紹介されたマルチ商法に勝算はほとんどない

誰かに紹介されたマルチ商法に参加しても、もう成功する可能性はほとんどありません。すでに下位会員だからです。可能性はゼロだとは言いませんが、もしそこから成功する力量があなたにあるなら、他のビジネスですでに成功していることでしょう。そのくらい難易度の高いことなのです。

5. 嫌われるマルチ商法のその理由と成功するには・まとめ

嫌われるマルチ商法は、連鎖販売取引として特定商取引法で厳しい規制がかけられています。厳しい規制がかけられてしまうだけの悪質性があり、商品やサービスの信頼性や価格設定にも疑問が残ります。人間関係の崩壊を招くだけでなく、金銭的にも大きな被害をこうむる可能性があるマルチ商法は手を出すべきではありません。

公的機関の多くがマルチ商法の勧誘に対して注意喚起を行っているだけでなく、実際に摘発されたり行政処分を受けている企業や会員もいます。法律や規制が厳しすぎて、はっきり言ってうまく勧誘し続けるのは至難の業です。

それでもマルチ商法で成功したいと考える人は、自らが新しいマルチ商法の最上位アップラインに位置するしか方法はありません。仮に新しいマルチ商法を構築して成功できたとしても、下位の会員たちを不幸にする可能性があることをよく理解した上でビジネスを展開する必要があるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*