情報商材「MAGIC転売」は本当に稼げるのか

以前は副業をするとしても実際に商品を販売するなどをしなくてはいけませんでした
今ではインターネットが普及した今では誰でも簡単に様々な副業を展開することが出来るようになりました。

現在は、ライティングやプログラミング、商品の作成、販売代行等、様々な副業がありますが、その中でも最も人気があるのは特別なスキルの必要のない「転売」という副業だと言えるでしょう。

副業として転売が流行したこともあり、商品を発送する宅配便もそれに応じて便利になってきました。
しかし、誰でも簡単に参入できるという参入障壁の低さから、供給の数が需要の数を大きく上回ってしまい、このような転売ビジネスで実際に稼ぐことができている人の数はあまり多くないと言われています。

今回は、「転売ビジネス」で、簡単かつリスクがないと謳う情報商材「MAGIC転売」について徹底的に調査していきたいと思います。

MAGIC転売っていったい何?

「MAGIC転売」という情報商材は、石井道明氏が仕掛ける転売系の情報商材になります。
またこの商材は、ECツールを使用することで有名になっているようです。

ECツールとは?

手作業で行っていた作業をシステム化するツール

 

MAGIC転売塾の特定商取引法の表示を調べてみた

特定商取引法の表示では、運営責任者と所在地、お問い合わせ先として電話番号とメールアドレスが開示されていました。
電話番号が記載されているのは非常に評価されるのですが電話番号も連絡がつかないのが大抵です。

またいつも通りの
「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」
が記載されていました。

この商材は誰でも月収10万円確定を謳うにもかかわらず、利益を補償できないというのはどういうことなのでしょうか。
このような内容に騙されないようにするためにも、自分の身は自分で守るようにしましょう。

 

ランディングページを見て精査

この商品はまだ販売されていないため、ランディングページ(以下LP)をしっかりと見ることで商品の信頼性を確認していきましょう。

また、この「MAGIC転売」には3種類のLPが存在しています。
ピックアップして見ていきましょう

LP①

「サラリーマンや主婦の方ネットを使って稼いだことがない方でも1日60分の作業で月収30万円~月収200万越え!」
「Amazonド新規出品」
「出品作業、在庫管理、価格設定、送料計算、リサーチ不要」
というように語られています。

また、実際に売れたとするアマゾンの履歴が証拠画像として公開されていますが、その画像によると、現在までに6000万円程度売り上げていたことが分かります。

その後で今すぐLINEに無料で登録する!とLINE@への誘導をしています。

LP②

「半数以上の初心者の方が3カ月~6カ月で月収30万円~250万円以上を安定して稼ぐ、業界トップクラスのEC転売塾」
「FXや株・仮想通貨といった投資ではなく、確実に安定してお金を稼ぐスキルを身に付けませんか?」
「今なら下記29.8000円相当の豪華特典7個付けて無料で体験できます!」

またこの後には主婦さんのような写よりターゲットは主婦さんだと思われます。

同じくLINE@を友達登録することで、期間限定無料で7つの特典を受け取り、EC転売塾(無料バージョン)に参加することができるようです。

LP③

「日本にない商品を今から高利益・高単価で販売しよう!」
「商品は売れたら仕入れる無在庫物販」
「副業月収10万円~200万円以上!」
「1日30分~60分の作業で完結!」
MAGIC転売をオススメする7つの理由
(以下同じようなオススメと誘導)

と紹介されており、登録された方には、
「Amazon実践カリキュラムサイト」
「誰でも月収10万円確定」
「Amazon輸入で儲かる商品リスト100」
「1万円以上の価格さがひと目で分かるツール」
「事業を始める前に知っておくべきこと(音声動画)」
「5万円~10万円をかせぐスタートアップ・マニュアル」
「LINE・メールサポート無制限」
が無料でプレゼントされるようになっているようです。

LPを見るとLP同士の矛盾点、怪しい点が多数見つかりましたので、1つずつ見ていきましょう。

浮かび上がった矛盾点とは!

異議あり!この内容は明らかにムジュンしてます!

①同じ商品の紹介なのにLPによって言っている内容に差があり過ぎる。
LP①,②では副業月収が30万円~と紹介されているのに対し、LP③では副業月収は10万円~と紹介されています。

②LP自体
①では無料特典の7つについては全く触れられていませんが、②、③ではしっかりと触れられています。
これらの内容を考えると明らかにLP②の内容が一番豪華ですよね。
同じ商品の紹介なのに、これだけ内容に違いがあると、どのLPから応募したかによって大きく商品の内容が変化してしまいそうで不安になってしまいます。

 

怪しい点は他にも

①無在庫物販であることを推奨している
Amazonでは、この無在庫物販というものを禁止する方向のスタンスをとっています。

今回の情報商材で推奨されている無在庫物販は、海外のサイトを使用すると考えられるため、絶対に仕入れることが出来る状態だということはできないでしょう。

そのため、仮にこの方法が上手くいったとしても、問題が発生しうるグレーゾーンの行為だと考えられるため、Amazonにアカウント停止を食らう可能性がありますね。

 

②日本にはない商品であること
日本は仮にも先進国なので、世界中の物のほとんどは手に入れることが出来ると言っても過言ではありません。

その日本で手に入れられない商品となると、人気がないため日本で売られていないか、関税や輸入する行為自体に問題がある可能性も少なからずあります。

そのためそれらの知識が全くない状態で、売れるかもと仕入れることは非常にリスクの高い行為だと言えるでしょう。

 

~無料ほど高いものはない!?高額商品の売りつけセミナーに注意が必要!!~

今回の案件「MAGIC転売」は、無料特典が非常に多くついており、かなり豪華な情報商材のように感じてしまいますが、少し落ち着いて考えてみましょう。

まず初めに、転売というビジネスは、供給が十分でないことを利用することで利益を上げるビジネスです。
そのため同じようなことをする方が増えれば、確実に商売がしにくくなるのです。

それなのに、せっかく自分が作り上げたビジネスシステムを無料で多数の方にプレゼントする方がこの世にいるでしょうか。

 

普通に考えればいないですよね?

ということは、この無料オファーの後には絶対に高額バックエンドが存在します。

高額バックエンドの商品が本当に効果のある商品であればいいのですが、全く役に立たない商品を高額で販売される可能性もあるため、高額バックエンドが存在するかもしれないセミナー等への参加はしっかりと考えた方が良いでしょう。

 

~騙されてしまった時に重要な「集団訴訟」~

今回は転売系の情報商材「MAGIC転売」について見ていきました。

この商品は

・非常に親切なプロジェクトに見えるような内容のLPを作成

・本当に稼ぐことが出来るかのように感じる所もある

 

ような案件でしたが、実際にはその利益を保証するものではないという記載があります。
そのためこのような商品のセミナーに参加する際には十分に注意を払うようにしましょう。

 

今までにも何度も集団訴訟については説明してきましたが、情報商材の世界では集団訴訟をするかしないかで大きく結果が変わってしまいます。

また、もしもこれらの情報商材で騙されしまった場合は、ネット上や消費者センター等でも、同じ情報商材での被害者を探すことが出来ます

泣き寝入りをするのではなく、勇気を出して集団訴訟をしてみてはいかがでしょうか。

情報商材で騙されてしまったなどのことは、家族には相談しづらいことです。

1人で騙されてしまったことを後悔して、ストレスをためてしまい家族に心配を掛けたり、思い悩むよりも、実際に同じ被害者と手を取り合って解決に向けて行動をしている方が気持ちも楽になりますし、今後の状況の改善に大きくつながると思います。

それでは今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*