LINE@の無料プランはどこまでできる?有料プランとの違いや変更方法を解説!

個人でもアカウントを作成することができる「Line@」

ヘアサロンや飲食店、アーティストなどにも多数使用されており、まだまだ人気向上中のアカウント開設ツールです。そこでLINE@の無料プランについて細かく解説し、有料プランとの違いなども併せてお伝えしていきます。

1. LINE@無料プランとは?

まず最初に、そもそも「LINE@の無料プラン」とは何なのか。ということについて解説していきたいと思います。
「LINE@」とは公式アカウントとは異なっているので、そこを誤解しないように気をつけましょう。

LINE@は無料プランと有料プランに分かれていて、
2018年現在は

・無料プラン「フリー」
・有料プラン「ベーシック」
・有料プラン「プロ」
に分かれています。

無料プランに「Developer Trial」というプランもあるのですが、こちらは操作確認のためのお試しアカウントとされていて、フリーへの引き継ぎなども出来ないため間違えないようにする必要があります。

LINE@無料プランは現在でいう「フリープラン」のことであり、登録料・月額料などが一切かからずLINE@を制限内で使用できる人気プランなのです。

2. LINE@の無料プランでできること

それでは、LINE@の無料プランで出来ることが何なのかを知りたいですよね。
LINE@の無料プランには大まかに以下の機能を利用することができます。

・有効友達数×吹き出し数=1000通までのメッセージ配信
・タイムラインへの投稿が月4回まで
・1:1のトーク利用
・クーポン機能
・自動登録メッセージの設定
・ショップカード
・友達数やホーム投稿などのインサイト確認
が無料プランで利用できます。

膨大な量や登録数を必要としない場合は、無料プランで事足りることが多く、現在でも優良に移行せずLINE@を無料プランで使い続けている人も多くいるのです。

公式サイトの無料プラン内に書かれている「リッチメッセージ」というものが、何なのかも気になるところです。
「リッチメッセージ」は、画像とテキストが一体になったメッセージのことで、より見やすく訴求力をあげた、コンバージョンへも繋がりやすいメッセージスタイルとなっております。
こういったものを使用したい場合は、無料プランでは事足りないということです。

3. LINE@無料プランと有料プランの違い

次にLINE@の無料プランと有料プランの違いについて解説していきたいと思います。
前述でもある通り、LINE@は無料プランでも気軽に使用することができ、十分と感じる方もいらっしゃいます。

しかし一方で、痒いところに手が届かないのも事実です。そこで有料プランが出てくるのですが、料金と機能に分けて詳しく解説していきたいと思います。

3-1. 料金の違い

まずLINE@の無料プランと有料プランの大きな違いとして、「料金」が絡んできます。
登録料などの初期費用は無料プラン・有料プラン共に0円なので、費用がかかることはありません。
大きく変わるのは「月額料金」となっています。
まず無料プランの「フリー」では、もちろん無料の0円で使用することができます。

続いて有料プランの「ベーシック」は月額税込で5,400円で使用することができます。
最上級の有料プラン「プロ」は大きく差が出て21,600円と金額が跳ね上がりますが、それ相応の機能を利用することができます。

LINE@の料金プランは現在この3つに分かれているので、プランによって金額も大きく異なるのが見て取れます。

3-2. 機能の違い

次に、LINE@の無料プランと有料プランの機能の違いについてですが、
まず無料プランでは前述にある通り、有効友達数×吹き出し数が1000通までメッセージ配信ができるとお伝えしました。

こちらが、有料プランのベーシックに移行すると有効友達数5000人以内は無制限でメッセージ配信をすることができるようになるため、吹き出し数を気にする必要が無くなります。

最上級プランのプロに移行すると、10万人以内は無制限と一気に幅が広がるため、大勢の人へ配信したい方には人気となっています。

そして無料プランでは月4回までだった「タイムライン投稿」も、
有料プランではどちらも無制限となっているため、投稿回数の面でも大きく差が出ることがわかります。

しかしタイムライン投稿の頻度もそこまで多くない方にとっては、無料プランで充分なのでこちらも求めている内容との兼ね合いによって、プランの選択は変わります。

あとは前述でもお伝えしました、無料プランで利用できない「リッチメッセージ」機能が、有料プランでは利用することができ、より訴求力のある情報を多数の登録者にお届けすることができるようになります。

大きな機能の違いは以上となっていて、それ以外には別途有料プランの「プレミアムID」などを申し込むことで、新たな機能を追加することができますが、こちらはプランとは関係ないので、無料プランか有料プランで悩んでいる段階ではまだ必要ない内容です。

4. LINE@の無料プランを始める方法

それでは今まで説明してきました「LINE@」の無料プランを、実際に始めるにはどうすればいいかを解説していきたいと思います。

1.「LINE@」のアプリをダウンロードし、起動。
2.「LINE@アカウント」を取得
3.「アカウント」の設定
にて、LINE@の無料プランを利用することができます。

2の項目にありますLINE@アカウントを取得についてですが、注意点があります。

アカウント名を決める項目があるのですが、こちらは後から変更することができないので、充分に注意した上で登録する必要があります。
IDとは異なるため、日本語を使用することもできるのでそちらは安心してください。

3の項目にありますアカウントの設定ですが、こちらにある「ひとこと」という部分はプロフィールにもなるので、良い文章を書くようにしましょう。20文字と制限があるので注意が必要です。

QRコードなども印刷して使用することができるため、名刺やWEBサイトなどの販促ツールにも併せて使用することで、無料プランでも充分に顧客を獲得していくことができます

5. LINE@無料プランから有料プランへ変更する方法

LINE@を無料プランで使っていたけれど、メッセージ数や登録者数の兼ね合いで有料プランに変更したいと思ったとき、変更することができるのか気になりますよね。

もちろん、LINE@の無料プランから有料プランへは変更できます。

料金プランの変更方法ですが、LINE@アプリの管理画面から移動する必要があります。

[Androidを利用しているユーザー] 1.「LINE@アプリの管理画面」
2.「BusinessStore」
3.「月額プラン」

[iOSを利用しているユーザー] 1.「BusinessStore」にアクセス後ログイン
2.「対象のアカウントを選択」
3.「月額プラン」
の順にページを移動します。

そうすることで、お好みのプランを選択することができ、無料プランから有料プランへ移行することが可能になります。

有料プランから無料プランへ戻す手順ももちろんあるので、有料にしたけれど無料に戻したい場合は、そちらの手順を行うと良いです。

6. LINE@無料プランの使い方まとめ

LINE@の無料プランの使い方についてまとめさせていただきました。
無料プランでも十分に利用することができるLINE@は、まだまだこれから沢山の利用者に囲まれることでしょう。

自身のプランとの兼ね合いで有料プランへ切り替えるのももちろん、無料のまま使用するのも全く問題ありません。

この記事を参考にLINE@の無料プランへ、是非ともこの機会に登録し、多くの登録者へ情報を届けてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*