line@のメッセージ一斉送信とは?シーンに合わせた一斉送信方法とその他機能の解説

LINE@を利用している人の殆どは、個人事業または法人など商業に携わる方ではないでしょうか?
その中で、LINE@を利用している最大の目的はこの【一斉送信】機能を利用する為だと言っても過言ではないかと思います。

それほど魅力的な機能であるLINE@の一斉送信。初歩的な一斉送信の送り方を簡単にご説明したいと思います。

1. スマホでLINE@メッセージを一斉送信する方法

【手順1】メッセージ作成画面を表示
上部にある「メッセージ」を選択します。

【手順2】メッセージの作成
1:「+新規メッセージ作成」を選択すると、1ヶ月間に送信できるメッセージ数が表示されるので「あっ、残りこれだけ送信できるのか」とすぐに確認できるようになっています。
2:ここでは、ユーザーに届けたい文章を入力します。注意しなければいけないのは一回に送信できるメッセージの最大は3つまでとなっています。
画像やスタンプを挿入した場合、それぞれ1カウントされてしまいますので、その分メッセージが短くなってしまうというのを念頭に置いておいてください。
3:上にプレビューが表示され、ユーザー目線でメッセージを確認できるので見栄えを気にする方には丁度良い機能かと思います。
4:「送信」を押すことにより次のステップに進みます。

【手順3】メッセージ送信の詳細設定
1:すぐに送信を選択。
2:メッセージをホームへ同時に投稿したい場合にチェック。
この時、ホームへ同時投稿を選択した場合、メッセージ数は1件しか送信することができないのでご注意ください。
3:「送信」を選択。
確認の為、ウインドウが表示されるので問題がなければ「OK」を選択します。
以上がLINE@のアプリによるメッセージ一斉送信の方法でした。

1-1. 新しいメッセージを作成して一斉送信

基本的な操作方法は前述した内容に沿って作成していただければそれ程難しくはないかと思います。
しかし、この後の予約投稿に関しては十分に注意して見ていただくよう最初に言っておきます。

1-2. 予約投稿で一斉送信

アプリでメッセージを一斉送信する方法と基本的な流れは同じだとお考えいただければ大丈夫です。

【手順1】メッセージ作成画面を表示
上部にある「メッセージ」を選択します。

【手順2】メッセージの作成
1:「+新規メッセージ作成」を選択
ここでは、ユーザーに届けたい文章を入力します。注意しなければいけないのは一回に送信できるメッセージの最大は3つまでとなっています。
画像やスタンプを挿入した場合、それぞれ1カウントされてしまいますので、その分メッセージが短くなってしまうというのを念頭に置いておいてください。
2:上にプレビューが表示されるので、完成したメッセージを確認
3:「送信」を押すことにより次のステップに進みます。

【手順3】メッセージ送信の詳細設定
1:送信時間を設定することで予約投稿による一斉送信を行うことができます。
2:メッセージをホームへ同時に投稿したい場合にチェック。
この時、ホームへ同時投稿を選択した場合、メッセージ数は1つしか送信することができないのでご注意ください。
3:「送信」を選択。
確認の為、ウインドウが表示されるので問題がなければ「OK」を選択します。

2. パソコンでLINE@メッセージを一斉送信する方法

【手順1】メッセージ作成画面の表示。
左にある欄から「メッセージ作成をクリック」
【手順2】メッセージの作成。
1:送信範囲の指定
2:「すぐに送信」を選択する
3:メッセージは最大で3つまで送ることができるのですが、1つだけ送りたい場合は「ホーム同時投稿」を選択してください。
4:PC版では、メッセージの形式は全7種あるのでこれを選択します。
この後はプレビューでメッセージの内容を確認したり、時間がない場合は下書き保存をして、1から作り直したい場合は削除もワンクリックで簡単操作が可能となっております。
最後に完成した情報をユーザーに送信する場合は「送信」

2-1. LINE@のパソコン管理画面にログインする方法

PCの管理画面にログインする方法はこちらです。

【手順1】メールアドレスとパスワード入力画面
1:PC管理画面にアクセスする為のリンクはこちら
2:メールアドレスとパスワードを入力
LINE@のホームページによると、「LINE@は、LINEアカウントにログイン権限を付与し、該当のLINEアカウントでログインする仕様です。
そのため、ログイン時のメールアドレスとパスワードは、LINE@のログイン権限を持ったLINEアカウントに登録されているものをご入力ください。」
以上に注意してログインをしてください。
3:認証コードの入力
メールアドレスとパスワードを入力した後、スマホのLINE画面に本人確認の為の認証番号入力を求められ為、PC画面上に表示されている4桁の数字をスマホに入力して本人確認を行なってください。
「本人確認が完了しました」と表示されれば管理画面に入ることができるようになります。

2-2. 新しいメッセージを作成して一斉送信

こちらは前述した、PCで一斉送信を行う方法に付随したご説明となりますが、パソコンで新規メッセージを作成する際の注意点は1点です。
それは、メッセージの形式を選択するとき【クーポン】、【抽選ページ】、【PRメッセージ】、【リサーチメッセージ】、【リッチメッセージページ】は事前に内容を作成しなければいけない仕様となっている為、注意が必要です。
事前に作成していない場合、【テキスト】と【スタンプ】しか使用できない為、忘れずに作成しておきましょう。

2-3. 予約投稿で一斉送信

パソコンで一斉送信する方法でご説明した内容とほぼ同じになってしまいますが、下記が時間指定してメッセージを一斉送信する方法です。

【手順1】メッセージ作成詳細設定画面を表示させる。
左にある欄から「メッセージ作成をクリック」
【手順2】メッセージの作成。
1:信範囲の指定
2:「日時指定」を選択する
3:メッセージは最大で3つ送ることができるのですが、1つだけ送りたい場合は「ホーム同時投稿」を選択してください。
4:PC版では、メッセージの形式は全7種あるのでこれを選択します。
この後はプレビューでメッセージの内容を確認したり、時間がない場合は下書き保存をして、1から作り直したい場合は削除もワンクリックで簡単操作が可能となっております。
最後に完成した情報をユーザーに送信する場合は「送信」をクリック。

3. LINE@で一斉送信できるメッセージ数

LINE@無料プラン
月に送信できるメッセージ数は1000件までとなっていて、タイムラインに投稿できる回数は4回までとなっています。

LINE@有料プラン
【ベーシック】ターゲットリサーチ数5,000人以内であれば無制限。
【プロ】ターゲットリサーチ数100,000人以内であれば無制限。

4. LINE@の料金プラン

上記でご説明した、【ベーシックプラン】と【プロプラン】の月額を見てみましょう。
【ベーシックプラン】
月額5,400円(税込)
【プロプラン】
月額21,600円(税込)

5. LINE@でメッセージの一斉送信以外にできること

LINE@には他にも集客に役立つツールが揃っています。

【1:1トーク】

こちらはお問い合わせいただいた際に特定のユーザーとやりとりできる機能です。こちらでユーザーにメッセージを送信しても月に送信できるメッセージ数が減ることはないのでご安心ください。

【アカウントページ】

LINE内に自身の専用ページを持つことができます。
プラグインによる店舗の最新情報を掲載できる為、ユーザーの購買意欲を促進させたり、来店に繋げることができます。

【タイムライン・ホーム】

タイムラインに投稿することにより、多くのユーザーの目に触れる機会を作り上げることができる機能です。

【クーポン機能】

作成したクーポンをLINE@内にある自身のページに載せたり、タイムラインに投稿、メッセージでユーザーに散布など販促ツールとして活躍すること間違いなしの機能となっております。

【リサーチページ】

自ら作成したアンケートを使い、一番必要な情報を抜き取ることができるのがこの機能です。前述したクーポンと組み合わせることで絶大な効果を生むことができるのも1つのポイントとなっています。

【LINEショップカード】

LINE上でポイントカードの作成をすることができる為、紙ベースで運営していたポイントをユーザーのスマホに入れることができるという利点があります。

【統計情報】

この統計情報は企業を運営する為には必要不可欠だと言っても良いくらい価値のあるものです。
友達追加の上下やブロック数、どのようなメッセージに反応があったかなど細かにデータ分析することができるため、その後の運営に役立つ機能となっています。

お使いのプランによっては使用できない機能もある為、事前に使いたい機能を抑えてプラン契約を絞る必要があります。

6. LINE@のメッセージ一斉送信機能まとめ

アプリやパソコン、どちらも簡単な操作ひとつで多くのユーザーに一斉送信ができ、普段LINEを使用している方にとっては、馴染みがある画面が多々表示され、直感的に使用することができるかと思います。
企業戦略としてLINE@を上手に活用する=集客に繋がる為、LINE@に対してしっかりとした知識を身につけることが必要だと言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*