LINE@IDとは?一般IDとの違いと取得方法まとめ

スマホを利用している人で、LINEというアプリを知らない人はいないでしょう。

そのLINEを使ったマーケティングツールであるLINE@をご存じでしょうか?

多くの企業が利用しているツールであり、使い方によってはビジネスにおいて大きな成果を上げることができるものと注目を浴びています。

今回は、そんなLINE@とは何か?一般的なLINEとは何が違うのか?またLINE@IDの取得方法や、できることなどについてまとめてみました。

1. LINE@とは

LINE@とは、ビジネスで利用されることが多いのですが、簡単に表現してしまうとBtoCビジネス、つまり個人の顧客を相手にしたビジネスにおいて威力を発揮するツールとなります。

主に飲食店業界であったり、美容室、エステなどの店舗ビジネスでLINE@を活用されていることが多く、期待できる効果を発揮してくれているようです。

少し前までは、こういったBtoCビジネスではメールマガジンを利用している店舗が多かったのですが、今やメルマガに変わる顧客とのコミュニケーションツールがLINE@となっています。

仕組みも似ており、自店舗のLINE@に登録をした顧客に対してメッセージを送ることができたり、時にはクーポンなども送って、集客を促すことができるツールとなっています。

使い方も様々で、見込み客やひいき客に対して、LINE@を通じて色々なアプローチをかけていくことができるので、集客方法としては大きな効果を見込めることができるのです。

1-1. LINEとLINE@の違い

LINE@を解説するには、LINEアカウントは必要となってくるのですが、LINEとLINE@では意味合いが大きく違ってきます。

LINE@のIDというのは、基本的にビジネスで利用するビジネス向けのLINEアカウントになり、自分から情報を発信したい不特定多数の人に対してコミュニケーションを行うものとなります。

LINEというのは、プライベートにおいて利用されることがほとんどで、やり取りは1対1と個人間でのやり取りが基本的なものとなります。

LINEグループなどで多くのメンバーを招待して、グループを作りそこで情報発信を行うこともできるのですが、それはLINE@と根本的に意味合いが違うことを理解しておきましょう。

1-2. LINE@IDの取得対象者

LINE@IDには基本的に二つのアカウントがあり、「一般アカウント」と「認証アカウント」に分かれます。それぞれの取得対象者を見ていきましょう。

1-2-1.一般アカウント

一般アカウントは、誰でも取得できるアカウントとなっており、LINEによる審査はありません。すでにLINEを利用していて個人的なアカウントを持っていればいつでも取得することができます。

法人でも個人でも問題なく取得することができるので、ビジネスにすぐにでも活用したい場合でも、何のハードルもなくLINE@IDを取得することができます。

ただ、LINEアプリで検索をしても検索結果には表示されないので、それなりに露出をしていかなければLINE@のお友達が増えていといったことがあります。

1-2-2.認証アカウント

認証アカウントとは一般アカウントとは違い、誰でも簡単に取得できるようなIDではありません。LINE@の一般アカウントを取得した後にLINE社に審査を申し込み、その審査で合格したアカウントだけが取得をすることができます。

審査基準はあまり明かされておらず、どういったアカウントが審査に合格するのかを判断するのは難しいとも言われています。

また、認証アカウントになれば、LINEアプリで検索をされたときも検索結果にきちんと表示されるようになり、認証済みの証でもあるネイビーのアイコンになるのも特徴です。

1-3.LINE@IDの取得でできること

LINE@IDを取得することで、使える機能は基本的に6つあります。一つずつ紹介していきましょう。

1-3-1.メッセージ機能

店舗のLINE@に登録してくれた人たちに対して、こちらから一斉にメッセージを送る機能があります。このメッセージから伝えたい情報や知ってもらいたいことを配信することで、顧客とのコミュニケーションを図ります。

さらに、メッセージの配信予約も行うことができるので、計画的なアプローチにも適しており、段階を踏んだマーケティングにも有効だとも言えるでしょう。

1-3-2.タイムライン、ホーム機能

個人的に利用しているLINEと同じように、タイムラインやホームに投稿をすることで登録してくれている顧客の興味を惹くような内容の提示もできます。

メッセージ配信がプッシュ型のプロモーションであるなら、こちらはプル型のプロモーションとなり、より店舗に興味がある人に対してのアピール方法となります。

1-3-3.アカウントページ機能

LINE@専用のアカウントページを持つことができ、様々なコンテンツを好きなようにカスタマイズすることができます。

自店独自のLINE@を作ることができるので、より一層の顧客のファン化に活躍してくれることでしょう。

1-3-4.1対1のトーク機能

LINE@では、こちら側から一方的に情報を配信するだけではなく、顧客と個人的にやり取りすることも可能で、ニーズに応えたサービス展開もできるのです。

顧客にとって、何か不明点や疑問点がある場合、すぐに問い合わせたいと考える人も多くいますが、そういったことにも対応できるので、非常に使い勝手の良いツールとも言えます。

1-3-5.ショップカード機能

ポイントカードを発行しているお店は多々ありますが、そのポイントカードをLINE@とリンクすることが可能となっています。

ですので、顧客がポイントカードを紛失するようなトラブルも防げますし、顧客がリピートしてくれるといった大きな強みを生み出すこともできるのです。

1-3-6.クーポン機能

メッセージ配信で、顧客にクーポンを送ることも可能です。集客する上で大きな効果が見込めますし、ここぞのときに配布することで、多くの顧客が反応してくれることでしょう。

2. LINE@IDの取得方法

では、具体的なLINE@IDの取得方法をご紹介していきます。

2-1. 一般アカウントの作成方法

一般アカウントの作成は非常に簡単で、まずはLINE@アプリをダウンロードして、個人のラインアカウントでログインしましょう。

そして、LINEビジネスセンターに登録して、LINE@に登録をするといった流れです。LINE@への登録は、自分のLINEアカウントが必要なので、取得していない人は取得するようにしてきましょう。

2-2. 認証済みアカウントの作成方法

LINE@の一般アカウントを認証済みアカウントにするには、LINE社の審査を受けてその審査の合格しなくてはいけません。

審査の申請をするには、LINE@のお申し込みページから申請をして、審査の結果が出るのを待ちましょう。審査結果には約10営業日が必要とのことです。

2-3. LINE@IDを所有できる数

LINE@IDは基本的に10個作成することができます。ただし、法人向けの認証になると104個まで作ることが可能となっています。

まとめ

LINE@は簡単にIDが取得できるので、まだ活用していない店舗はぜひ活用することをおすすめします。

ただ、使えばすぐに効果が出るわけでもありません。

しっかりと機能を理解して、より顧客と深いコミュニケーションを図れるような使い方ができれば、店舗の売上に大きく貢献してくれることでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*