LINE@の1対1トークの効果と使い方まとめ

ビジネスにおいては、業績アップに関わるためにより便利で効率的なものを求めます。

その一つのツールがLINE@1対1トーク機能です。

これからLINE@の1対1トーク機能を使っていこうという方にその使い方や効果についてご紹介します。

1. LINE@の1対1トーク機能とは?

最近LINE@という表示をよく目にするようになってきました。顧客にとっては、「お得な情報がある」という目で見ています。そもそも「LINE@の1対1トーク」とは何なのでしょうか。これは、アカウントを持っている会社と「友だち追加」でつながりを持った顧客と個別のやり取りができるという機能です。

LINEで家族や友人と気軽にLINEをしているようなイメージでやりとりをすることです。これは、会社側にとっては「お得意様をつくる」という感覚で非常に大切なものになります。

2. LINE@の1対1トークを使うメリットや効果

LINEの活用については、多くの会社ですでに実践されています。LINEはメールとは違って「既読」がすぐにわかりますので連絡したことがリアルタイムでわかるからです。その中でLINE@については、「1対1トーク」機能があり、これが顧客のリピート率向上に役に立つと言われ、その効果や使い方に注目している会社が多いです。

『「1対1トーク」を利用して、お客様とリアルタイムで会話ができるようになり、お店の売り上げにもつながっています。お客様が望んでおられることが、この1対1トークでわかるようになってきたのです。常にサービス情報を意識していただくことができ、問い合わせが多いということもありがたいことです。』

このように、1対1トークに注目し取り入れようとしている会社やお店が多くなってきています。

情報が口コミで広がる

顧客に対してクーポンの配信、セールス情報などの配信とともにこのトークを使うことでより効果的になります。顧客に1対1トーク機能で「友だち追加」をしてもらうことで個別対応やより細やかなやり取りをすることができるのです。それによって、会社やお店のサービスをわかってもらい、口コミでそのサービスが広がっていくということにつながります。

例えば顧客のLINE友達同士がお互いに情報交換をしてくれ、会社やお店のLINE@1対1トークのことを広めてくれるというものです。

返信によって「1対1トーク」を成立させるために

会社やお店が顧客とつながっていますと、次のようなメリットもあります。「○月○日より、30%OFFセールを行います。参加ご希望の方は「参加」とメッセージを送ってください。さらに5%OFFさせていただきます。」

このようなサービスの情報を受け取った顧客は「実際に足を運べるかどうかわからないが、とりあえず「参加」にしておこう」「参加したらかなりお得ということか。ちょうど欲しかったものもあるし、「参加」にして返信しよう。当日は行けなくてもペナティはないし、気軽に返信しておこう」などという思いが湧いてくるものです。

高額商品を扱う会社やお店のメリット

これは、高額商品を扱う会社やお店の場合にはより役に立つものになります。高額商品を扱う業種では、直接来店したり電話をしたりすると「買わされる」という意識が顧客に働きます。1対1トークを活用することで問い合わせが気軽にできるというメリットがあるからです。

これによってお店は問い合わせが増え、成約率がよくなる傾向にあります。さらに、画像を送れるようになっており、説明したいときに画像を添付するとわかりやすくなるというメリットもあり、顧客とのやり取りがスムーズになります。

最大のメリット!自動応答メッセージでの対応

このトークの特徴として対応する時間を曜日別に設定も可能です。また、事情によって対応できない時間帯がある場合には自動応答メッセージで対応できる仕組みになっています。

顧客は、いつでも対応してほしいという願いを持っています。それができないと、せっかくの問い合わせを無視したように受け取られてしまいます。そんなデメリットを解消してくれるのが自動応答の仕組みです。

3. 【スマホ版】LINE@の1対1トーク設定方法と使い方

アプリを取得して以下にご紹介します操作をしていきます。

・「管理―応答モード―1対1トークモード」をONにします。

設定についてはこれで完了です。顧客からトーク画面で応答してもらえると「1対1トーク」ができるようになります。

では、使用方法とその効果についてご紹介します。まず、この機能を使用することで、お店のクーポン配信、予約受付などが可能となり、いわゆるWEB接客を行うことができます。顧客は、この「1対1トーク」で美容院などの予約を気軽に行うことができます。リアルタイムのLINEですから、予約変更も即座にできるというメリットもあります。

「電話に出ることもできない」ほど、忙しくなる時間帯が生じることもあります。そんな時にこのトークでメッセージを送ってもらうことによって、顧客はより手軽になり、お店は、忙しい時に電話に出なくてはならないという状況をなくしてくれ、すぐに確認して「承知いたしました。」とだけ返信すればいいのです。

4. 【PC版】LINE@の1対1トーク設定方法と使い方

LINE@のパソコン版での「1対1トーク」は、2015年から使えるようになって依頼、どんどんと機能が充実し活用の幅が広がってきています。パソコン版では、認証済みのアカウントで設定することができます。

「アカウントの設定―基本設定―1対1トークモード」から1対1トーク機能を有効にすることで設定ができます。PC版の管理場面では2回目以降のログインのときにログアウト後の2週間分のメッセージが表示されます。

5. LINE@の1対1トークが利用できない場合の解決策

もともと顧客が「友だち追加」をしても、メッセージをもらわなければ「LINE@1対1トーク」を始めることができない仕組みでした。しかし、今ではLINE@ツールの導入によって、上述のように顧客からメッセージをもらわなくても「1対1トーク」ができるようになりました。ですから友だち追加してもらってメッセージを送ってもらうようにすることが大切です。

「1対1トークが利用できない」と悩んでいる方は、顧客から最初にメッセージを贈ってもらう方法を考えなければなりません。その一つが、サービスの提供やお得な情報などによって顧客のメリットになる情報を送信することです。次のようなお店があります。

『このメッセージに返信してくださった方には、期間限定で「あなたへの贈り物」を用意しています。』
『メッセージ返信していただいたお客様にはクーポンを贈呈します。そのクーポンは○月○日までお使いいただけます。』

このように、クーポン機能を上手に活用することで顧客に「メリットがある」ということを印象付けることが大切です。

6. LINE@の1:1トーク利用時の注意点

①1利用するときには年齢認証が必要

②LINE@アカウント解説後に、自動対応の仕組みに切り替えると1対1トークが使えないこと

③未読メッセージについてはダウンロードできないこと。ダウンロードを行う場合、「既読」にする必要があること

1対1トーク.まとめ

「LINE@1対1トーク」についてご紹介しました。会社やお店で積極的に取り入れられるようになって、気軽な問い合わせが増えたり、「予約がしやすくなった」という顧客の増加によって売り上げが伸びたりしてきています。このことがLINE@の大きなメリットになっています。

また、自動応答メッセージは工夫次第では、顧客への信頼度が増し、会社やお店の売り上げは確実にアップします。ご紹介しました「LINE@の1対1トーク」を効果的に使うようにして、顧客の信頼を得ていただきたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*