プレセールは仮想通貨を最安値で購入するビッグチャンス!

投資で利益を上げるコツは、優良な商品をいかに安く入手するかにあります。

そこにはリスクがともないますが、だからこそやり甲斐があるとも言えます。各企業のホワイトペーパーをみれば、事業内容、将来性を判断することができます。

「これだ!」と思った銘柄をプレセールで購入し、その後の事業展開、仮想通貨の価格上昇に期待する。自分で判断できないという方のために、今回は現在ICOを実施中の銘柄を掲載しています!

1.仮想通貨ICOのプレセールって何?

ICOはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略称で、株式投資でいうところのIPO(Initial Public Offering)を変化させたものです。要はまだ上場していない新しい通貨(コイン)の初期段階(イニシャル)での公募(オファリング)のことで、企業や団体が仮想通貨と交換可能なトークンをいち早く発行し、資金調達することができます。

プレセール、クラウドセール、トークンオークションなどICOはさまざまな呼ばれ方をしますが、どれも中身は同じで上場前に顧客へ有力な情報を流し、公開前に売買することになります。

IPOとひとつ大きく異なる点があるとすれば、ICOは企業や団体が直接売り出すことができるということ。IPOは販売者と購入者の間に取り次ぎ、いわゆる証券会社が存在しますが、ICOは直接販売となります。

一般公開後に価格が上昇すると過程すると、プレセールでは基本的に最安値で購入することができます。もちろん、逆のケースもあるでしょう。プレセールをお得と判断するのか、リスクがあると判断するのかは各自に任されるところです。

2.仮想通貨ICOへの参加方法

現状、IOCが行われるのは国外が多く、参加するためには事前準備が必要です。まずは購入するための仮想通貨が必要なので、国内の取引所、bitFlyer(ビットフライヤー)、bitbank.cc(ビットバンク)、DMM Bitcoin(ディーエムエム・ビットコイン)、GMOコイン(ジーエムオー・コイン)、Zaif(ザイフ)などで イーサリアムを購入します。

次にそのイーサリアムをウォレットに移し、ここからICOのアドレスに送金することになります。仮想通貨の取引ではウォレットがないと受け取れないこともあるので、開設することをおすすめします。先方との取引が正しく進めばトークンが送付され、ウォレットに追加されることになります。

つまり、ICOに参加するためにはまず国内の取引所から仮想通貨を購入し、次にウォレットに入れる。そして先方に送金し、商品がウォレットに追加されるのを待つという流れになります。国内の取引所は現在20社以上あるので、それぞれの特長を調べて自分にマッチした取引所を選択するといいでしょう。

各社の比較材料となるのは、取引手数料およびスプレッド、サーバーの強弱、取り扱っている仮想通貨の数、サイトの使いやすさといったところでしょうか。また、会社としての信頼性も大事で、ここなら取引停止にならない、閉鎖されないと自分自身が確信を持てた取引所から購入すると安心できます。

3.仮想通貨ICOの情報を得るには?

プレセールに参加するためには、ICO元からの情報を得るためにアンテナを張っていなければなりません。便利なサイトとして、いくつ紹介しておきます。

・COIN JINJA
CRYPTO COIN PORTAL
Coin Schedule 
ICO Countdown 

いずれも無料サイトで、上記2つが日本語、下記2つは英語となっています。それぞれ使いやすいところがあれば、そうではないところがあります。COIN JINJAはICOの掲載件数が多く、選択肢が豊富です。CRYPTO COIN PORTALでは発売時期を簡単に知ることができます。各サイトに優れた点があるので、ここでも自分にマッチしたサイトのユーザーになるといいでしょう。

4.優良ICOの見極め方と注意点

人気のある未公開株は上場後に価格が上がり、大きな利益をもたらすことがあります。ICOも同じくパブリックセール後に価格が上昇し、所有者に利益をもたらすことがあります。ただ、ICOは発行元が資金調達のために行うもので、結果としてその仮想通貨が人気となるのか不人気となるのかは予測不可能です。

ひとつのデータとして、2018年に実施されたICOのうち、実に76パーセントは利益を出せなかったとなっています(参考サイト )。 仮想通貨に限らず投資はなんでもそうですが、必ず利益を生み出せものではないということを理解しておく必要があります。

半数以上が利益を出せなかったICOですが、見方を変えれば20数パーセントはしっかりと利益を出しています。優良、つまりは人気のある銘柄はパブリックセールとなった時点で高値がつくため、安値で入手するのが難しいです。的確に利益を出すためには、やはり人気銘柄をプレセールで安値購入したいところです。

優良銘柄を見極めるためには、ホワイトペーパーを熟読することです。ホワイトペーパーは文字どおり「白書」であり、企業による報告書、公開文書です。ICOが行われる際には発行元が必ずホワイトペーパーを出します。なんの情報もなく商品を売り出しても消費者に魅力が伝わらないように、ICOでも情報なしに資金調達はできません。

逆に、ホワイトペーパーがない場合は注意が必要です。また、これは実現不可能だろうという大風呂敷を広げている場合も気をつけた方がいいでしょう。資金だけを集めて、そのまま連絡不能となる詐欺かもしれません。価格補償や買い取り補償があるのも怪しいです。

過去には実際にICO詐欺がありました。Dircoin(ディールコイン)、Jewel Coin(ジュエルコイン)、Centra(セントラ)など実例があるので、検索することをおすすめします。

やみくもに投資するのではなく、ICOの目的、発行元の信頼性、プロジェクトの実現性などを考慮し、将来性のある銘柄に投資するのが妥当です。繰り返しになりますが、2018年に実施されたICOは76パーセントが利益を出せていません。上場後は平均してプレセール時の90パーセント程度の価格となっています。

5.今後注目のICO(プレセール)は?

現在、あるいは将来的に注目の銘柄をいくつか列記しておきます。すでにICOを実施中ですが、NAM(ナムコイン)はいまの医療が抱える問題を解決するべく、国内で誕生したICOプロジェクトです。具体的な内容はホワイトペーパーで確認できますが、医療の発展にはやはり多額の資金が必要です。NAMのプレセールは第1弾が2018月1月からスタートし、現在は第2段の発売が行われています。
・NAM ホワイトペーパーはこちら 

ANGELIUM(アンジェリウム)も現在プレセール中で、第3段を迎えています。資金調達の目的はアダルト業界の問題を解決するもので、海賊版サイト、違法サイトが蔓延している同業界を整理し、正しく運営されるアダルトプラットフォームを構築しようとしています。老若男女問わず「アダルト」の業界はやはり気になるもの。ユーザーが安心して閲覧できるプラットフォームがあれば、おそらく人気になるでしょう。ANGELIUMはそのための資金を集めています。
・ANGELIUM ホワイトペーパーはこちら

旅行者の利便性を高めるべく事業展開しているのがTebura(テブラ/NinjaCoin)で、現在プレセールを実施中で今後に上場される予定ですが、時期、取引所などは明らかになっていません。ただ、H.I.S、ドンキホーテ、熊本市など大手企業や行政がパートナーになっており、信頼性があります。海外から日本国内を訪れる旅行者はこれからどんどん増加することが見込まれます。そういった意味では、Teburaの事業は将来性があると言えるかもしれません。
Teburaホワイトペーパー

6.まとめ

ICOは発行元にとって資金調達の手段であり、購入する側にとっては最安値で仮想通貨を入手するチャンスです。プレセールで購入した銘柄がパブリックセール後に高騰すれば、大きな利益となります。ただ、2018年実績のICOに関するデータをみると、半数以上が利益を出せていません。上場後にプレセールの価格を下回るケースが多いのが現状です。

とはいえ、しっかりと利益を出している銘柄もあります。優良かどうかを見極めるためには、各企業のホワイトペーパーを熟読することです。どんな事業内容が示され、実現性はどうなのか? 自分自身で将来性を判断したうえで投資すると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*