世界第7位のICO資金調達に成功ー仮想通貨COMSAとは!?

COMSAはICOでの資金調達で109億円を調達したとして話題になったプラットフォームです。

このプラットフォームで何が行われるのか、COMSAのトークンの使い方、今後のCOMSAのICOの参加方法などを解説します。

1.仮想通貨COMSAのICO情報

COMSAのICOは、2017年10月2日に開始され、2017年11月6日に終了しました。資金調達できた金額は約109億円で、現時点で、ICOで集めた資金の額としては世界第7位であり、国内では第2位の記録です。

●ICOとは?
ICO(Initial Coin Offeringの略称)とは、企業等が電子的にトークンを投資家などに販売することで、資金調達を実施することをいい、トークンセールとも呼ばれています。株式公公開やクラウドファンディングとは違う資金調達方法として注目されています。

●トークンとは?
トークンとは、デジタルアセット(デジタル上の資産)や仮想通貨の総称のことです。トークンは、ブロックチェーン技術を利用したサービスを利用するための利用料や、新規事業の提供する特典を得るために使われ、文字通りの通貨のような働きをします。

●COMSAというプロジェクトの事業内容は?
COMSAが提供しようとしているサービスは大きく分けて3つあります。
①他の企業のICOの支援
COMSAというプロジェクトは、国内の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社の立ち上げたプロジェクトです。この新たな事業に必要な資金を調達するめにICOという方法を採用しました。COMSA自身もICOで資金を調達しましたが、他の企業がICOで資金を調達しようという時にもそれをお手伝いしましょうというのが、提供しているサービスのひとつです。
例えば、ホワイトペーパーと呼ばれる事業計画書の作成や、新規発行するトークンの国内外へのPR、トークンセールの実施、法的な準備などをサポートします。

②トークンの流通経路を提供
COMSAを立ち上げたテックビューロ社は、仮想通貨取引所Zaifも運営しています。仮想通貨取引所Zaifと決済ツールを、ICOを行う企業に提供することで、新しいトークンが流通する経路も提供できます。

③ワンタイム・スマート・コントラクト
ビットコイン、イーサリアム、ネムのパブリックブロックチェーンと、テックビューロ社の製品である”mijin”で構成する複数のプライベートブロックチェーンを連動させ、その間でトークンの整合性を保持できるサービスを提供します。
また、実社会の法定通貨建ての商取引をブロックチェーン上のコントラクト(契約)として第三者の仲介無しに執行できるようします。
つまり複雑や取引や契約が短い時間で、スマートに行えるようになるということです。

2.仮想通貨COMSAとはどのような仮想通貨なのか

COMSAはこちら

正確に言うと、仮想通貨の名前がCOMSAではなく、プロジェクトの名前、あるいはプラットフォームの名前がCOMSAです。そのCOMSAのICOで発行されたトークン、あるいはCOMSAのプロジェクト内で利用できるトークン(仮想通貨)は、CMSという名前です。

●仮想通貨COMSA(CMS)で行えること
COMSAの発行したトークンで行えることには大きく分けて2つのことがあります。
①COMSAのプラットフォーム上で今後行われるICOへの払い込み手段としてCMSが使える。
CMSを払い込み手段として使用した人には5%の追加ボーナスがもらえます。

②ICO案件に関するコミュニティ投票への投票権がもらえる
COMSAには、ICOしたい企業からの案件が寄せられることになりますが、それらの案件はテックビューロ社とICO協議会により審議されます。
しかし、案件の中には、意欲的で信頼に値すると判断できるが、投資家への潜在的なリスクを含んだものもあります。そうした案件は、COMSAがコミュニティ投票へ意思決定を委ねます。
CMSトークンを保有している人には、その保有数に応じて投票権を与えられることになります。

3.注目されている理由は

仮想通貨COMSA(CMS)が注目されている理由を解説します。

①日本でもICOが増える可能性があるから
ICOは短期間、低コストで資金調達できるということで、新興企業やベンチャー企業から注目されています。
しかし、ICO において発行される一定のトークンは資金決済法上の仮想通貨に該当し、その交換等を業として行う事業者は各財務局への登録が必要になります。

また、ICOを行うには、ブロックチェーン技術に関する理解や技術も必要です。投資家の興味を引くホワイトペーパーの作成、新規コインを流通させる経路、ICO前の宣伝活動など様々な専門的分野の知識や技術が必要とされます。
ですからCOMSAのような、ICOに関するノウハウを提供してくれるサービスは今後、ますます必要とされるでしょう。
COMSAのプラットフォームを活用し、ICOを行う企業が増えてくれば、CMSトークンの需要が増えてくるので、その資産価値も高まるというので注目されています。

②海外展開も検討
COMSAは、そのサービスを海外企業に提供することも検討しています。海外企業がCOMSAのサービスを利用してICOする可能性もあるということで注目されています。

4.comsaのICO参加方法や購入方法など

COMSAのICO(トークンセール)に参加する手順を紹介します。
①COMSA アカウントを取得します。
登録に必要な情報は、連絡先のメールアドレスです。
②登録できているかログインして確認。
③支払いに使える仮想通貨と取引所を用意しておく。
COMSAの公式ページでは、ビットコイン、イーサリアム、ネム、Zaifコインが表示されていました。おそらく、ホワイトペーパーに記載されているようにCMSトークンでも払い込み可能でしょう。
現時点では、COMSAによる新しいICOの案件は紹介されていませんので、参加するための準備としてはここまでです。

CMSトークンを購入できる取引所も紹介します。
現在国内の仮想通貨取引所でCMSトークンを扱っているのはZaifのみです。
CMSトークンには、CMS:XEM と CMS:ETH の2種類があります。これは、NEMのモザイクに準じたトークンかイーサリアムのERC20に準じたトークンかという違いです。
海外取引所では”YObit”で取り扱われています。

5.仮想通貨comsaの最新情報

COMSAのトークンCMSですが、ICO直後は、110円前後で取引されており、Zaifに上場した直後は、2,000円まで高騰しました。
しかし、その後COMSAでのICOの案件が発表されていないことなどを受け、値が徐々に下がり始めました。こうした背景には、プレミアムウォーター株式会社、Looop社、クリプトマイニングジャパンの3社が2017年末にCOMSAのプラットフォーム上でのICOを行うと発表していましたが、その時期を再検討したことと関係があります。最近の金融庁の仮想通貨交換業者やみなし業者を厳しく監督する動きとも関係があります。
それで、2018年の春頃には、ICO直後の価格を大きく下回る60円程度で取引されるようになりました。

最近では、スイスのテックビューロ・ヨーロッパ株式会社と機械式腕時計ブランドのクロノスイス社が製作した腕時計をZaif上にて6月11日にオークション形式で販売するというニュースがありました。このクロノスイス社がCOMSAプラットフォームでのICOの実施を検討しているという情報が入ってきました。
こうした情報を受け、CMSトークンの価格も70円台まで回復するなど、少し期待が高まっています。
いずれにせよ、COMSAを利用してのICOが今後どれくらい行われるようになるかが、このトークンの価値を大きく左右するのは言うまでもありません。

6.まとめ

仮想通貨COMSA(CMS)とそれを利用したCOMSAのサービスについて紹介しました。COMSA自体がICOを利用してすでに資金を調達し、今後ICOで資金を調達したいと考えている企業を援助するという事業を今現在も継続中です。
このCMSトークンの価値が上がるかどうかは、ICOで資金を調達するという方法がどれだけ一般的になるかに大きく依存していますが、その将来性に賭けて投資の対象としてCMSトークンを保有してみることもできるかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*