評判が高い人気の仮想通貨ICOランキングTOP5を一挙大公開!

人気のある仮想通貨
ICO案件TOP5を公開!

今回は数あるICO案件の中でも
これから急成長が期待できる
優良案件を5つに絞り公開します。

この中から1つもしくは複数の
ICO案件に投資をすることで

後から何倍にもなって
返ってくる可能性を秘めています。

後半では詐欺ICO案件に
騙されない2つのチェック項目も
詳しくお伝えしていきます。

ICO案件を探しているのであれば
今回の案件を投資先として
参考にしてみて下さい。

1.2018年仮想通貨優良ICOランキング

5位:Fountain Connect(ファウンテンコネクト)

・ICOのタイミング

第1段階:2018年1月15日~
第2段階:2018年3月1日~2018年3月15日
第3段階:2018年4月15日~2018年4月30日

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は
寄付に関するサービスです。

寄付を行うことで難民を救ったり
地球環境を良くしたりするなど

寄付することは非常に
素晴らしい行為だと言えます。

ただ、寄付を募る団体の中には
寄付金を公言していた事に使わずに
自らの収益として騙し取る事もあります。

これまでの寄付というのは
寄付したお金がどのような
使い道で使われたのかまでは
確認することが出来ませんでした。

Fountain Connectはそんな現状を
変えることが出来るサービスです。

AI技術とブロックチェーン技術を元に
寄付したお金がどのように使われたのかが
しっかりと確認することが可能です。

現在(2018年6月)では
既にICOが終了していますが

2018年9月に取引所への
上場が予定されている案件なので
期待が出来るサービスです。

・公式HP

・ホワイトペーパー

4位:LODE(ロード)

・ICOのタイミング

プロテクションセール:2018年2月15日~28日
パブリックセール1:2018年3月15日~28日
パブリックセール2:2018年5月15日~6月14日

LODE(ロード)は金の問題を
解決するサービスです。

金を保有することで
絶対的な資産をなることは
多くの方が理解していると思います。

ただ、実際に金を売却する為には
高額な手数料や輸送コストなどが

買い手と売り手の双方にかかってしまい
これまで未解決のままでした。

LODEではブロックチェーン技術により
取引きの透明化をもたらすことで
問題を解決できる仕組みが構築されています。

金の取引がある方に向けた
サービスとなっていますが

ホワイトペーパーを見てみると
2023年まで将来を見越して
計画を立てられていることもあり
オススメできる案件と言えます。

公式HP

ホワイトペーパー

3位:NAM(ナムコイン)

・ICOのタイミング

第一段階:2018年1月28日~2018年3月28日
第二段階:2018年5月20日~2018年8月20日

NAM(ナムコイン)は医療業界に
AIやブロックチェーン技術を取り入れ
医療の活性化を目的としているサービスです。

既にアジア最大級の取引所
ANXに上場が決定していることや

ホリエモン(堀江貴文)さんが
注目しているとのことで
話題となっているICO案件です。

AIの学習システムを導入することで
患者の体調変化をパターン化し
悪化する前に対策を行えたり

その人ごとの健康食を
AIが分析することも可能です。

具体的な数字として
診察を行ってくれるため
医療の発展に繋がります。

公式HP

ホワイトペーパー

2位:Vestarin(ベスタリン)

・ICOのタイミング

Pre-ICO:2018年1月30日~2018年2月28日
ICO:2018年3月5日~2018年4月4日

Vestarinは独自のプラットフォームを作成し
その中で様々なサービスを
提供する事を目的としています。

例えば、

詐欺ICO案件の撲滅を
目的としたサービスがあります。

ICOを主催する企業が
Vestarinのプラットフォームに
登録することでICO専門家が
詐欺案件ではないか精査します。

審査を通過すると
Vestarinのプラットフォーム上に
ICO案件が紹介されます。

そこでは複数の投資家のコメントも
チェックすることが出来るので

それを踏まえて
ICOに参加するかどうか
決めることが出来ます。

この流れでICO案件に参加することで
詐欺ICOを購入する確率が下げられます。

また、スタートアップ事業が
投資家を探す場としても活用出来ます。

Vestarinのプラットフォームを使い
目的達成に必要な投資家やチーム、
専門知識を得ることが可能となります。

その他にも様々なサービスが
提供可能なので詳しくは

ホワイトペーパーを
チェックしてみて下さい。

ICO評価サイトで5段階中4.5という
高評価を獲得した案件なので
これからの動きに注目です。

公式HP

ホワイトペーパー

1位:REGAIN(リゲイン)

・ICOのタイミング

第1段階】2017年12月22日~
第2段階】2018年4月1日~
第3段階】2018年7月1日~
第4段階】2018年10月1日~

REGAIN(リゲイン)は
Bitcoinのマイニングの独占を崩し
市場の健全化を図ることを目的としています。

Bitcoinの取引きの処理というのは
世界中にいる企業や
一般人が行っています。

パソコンで取引を一番速く
計算処理出来た人物が報酬として
Bitcoinを受け取ることで
この流れが成り立ってます。

ところが近年、このマイニングが
ある企業に独占されていると言われています。

その企業は中国の会社なのですが
最新のパソコンを使うことで
誰よりも速く処理を行い
マイニングの報酬を受け取っています。

この状況のせいで
資金が少ない企業や
一般人の方達は

高性能パソコンを所有している
企業には絶対に勝つことが出来ず
マイニングが独占されてしまっています。

この現状を崩すために
考えられたのがREGAINです。

REGAINでは現在独占中の企業にある
高性能パソコンよりも優秀なパソコンを
開発することで市場の独占を緩和させます。

そして、その優秀なパソコンを
独自のシステムを使いことで
無料で一般企業が使えるように出来ます。

そうすることで誰もが
マイニングを平等に行える
システムを作ることが可能なのです。

更に詳しい説明は
公式HPやホワイトペーパーを
チェックして頂ければと思います。

ICOが終了次第、上場が決定しているので
上手く行けば高値になる可能性があります。

公式HP

ホワイトペーパー

2.ICOの参加方法や注意点など

ICOの参加方法としては
期限内にサイトにアクセスすれば

後は手順通りに進めていくことで
参加することが可能です。

注意点としてはICOに投資する場合
支払いは現金ではなく仮想通貨です。

そのため取引所で所有している
BitcoinやEthereumを指定のウォレットに
送金する必要があります。

なので最低限の準備として
取引所にBitcoinやEthereumを

投資したいと考えている
金額だけ分、所有しているのか
確認しておきましょう。

3.詐欺ICOを見分けるには?

ICOの世界は99%は
詐欺案件だと言われています。

購入したけれど
上場しないまま終わった。

ICO案件を行った企業と
連絡が取れなくなった。

などなど、

何かしらトラブルが
付き物の世界です。

ただ、その中で稀に
本物の案件が存在します。

もしその案件に投資を行う事が出来れば
資産が100倍〜1000倍に
増やすことも可能なのです。

夢がある世界なだけに
どうすれば詐欺案件に
騙されないかがカギとなります。

基本的に仮想通貨というのは
発行する目的があります。

独自のブロックチェーンを構築することで
社会にこういった変化を与えたい。

そんな思いから
仮想通貨は生まれます。

ご存知かもしれませんが
ICOはそういった目標を実現するための
資金調達方法の1つです。

あなたが投資家となり
資金を提供をすることで
初期の値段で仮想通貨を
購入出来ます。

価格が高騰したタイミングで
初期の頃に購入していた
仮想通貨を売却することで

資産を何倍にも
増やす事が可能です。

上手く行けば簡単に
お金を増やす事が出来るので
ICOに手を出す人は多いです。

ただ、それに比例するように
投じたお金が水の泡となって
消えていった方も多いです。

ICO案件で失敗しないポイントは
大まかに2つあると言えます。

1つはホワイトペーパーの内容、
もう1つは関係者の信頼性です。

ICO案件では大抵の場合は
どのような目的で
システムを作るのかという
説明書のような存在である

『ホワイトペーパー』

が用意されています。

このホワイトペーパーの内容をもとに
投資家は資金を投じるのかを
判断するようにしています。

このホワイトペーパーで
特に見るべきポイントは

・どういったサービスなのか
しっかりと理解出来るように
説明されているのか。

・ICO後のスケジュールが明確に提示されているか

この2点です。

投資を行う場合、
失敗する方というのは

投資先の内容を
よく理解していないまま

儲かりそうという理由で
投資しているケースが
非常に多いです。

ICOで詐欺に遭わない為には
自分でしっかりとサービス内容を
理解することが大切です。

・友達に誘われたから
・なんとなくいい感じだから
・個人のブログでオススメしていたから

このような理由で
ICO案件に乗っても
間違いなく失敗します。

あなたがサービスを理解し
将来の可能性を感じるのであれば
それは金の卵である可能性があります。

サービス以外で見てほしい部分が
創業メンバーです。

ホワイトペーパーには
創業メンバーが紹介されていると思います。

このメンバーの中にある程度の
信用力がある人物がいると
投資するのもアリかと思います。

先程の1つ目の項目で
ICO案件を理解し将来を感じた
素晴らしいサービスだと思っても

上手くいかないケースは
多くあります。

なるべく失敗を避けるための
工夫としてメンバーの中で
信頼があるような人物が
何名かいないか確認することです。

なぜなら世界的に
信頼があるような人物が
メンバーとして加わっていると

もし失敗した時にその人の信頼性も
失われてしまうリスクがあるからです。

そのリスクがあるにも関わらず
メンバーの1人として
参加しているのであれば

それは今回のサービスに
自信がある事の表れとも言えます。

創業メンバーに関しての情報は
ネットで検索すればどのような人物なのか
ある程度は分かるかと思います。

ICOで詐欺に遭わないためにも

・ホワイトペーパーの熟読
・創業メンバーのチェック

この2つは必ず行いましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は注目されている
人気の仮想通貨ICOランキング
TOP5をご紹介させて頂きました。

どの案件も興味深いコンセプトですし
既に上場が決定している物も多いです。

ICO案件に参加する場合は
必ず自身でホワイトペーパーを読み
理解できた上で参加して下さい。

今回の案件は確かにおすすめですが
しっかりとホワイトペーパーを読み込み

このサービスに投資したい思った
案件のみ投資するようにしましょう。

今後も多くのICO案件が
出てくることが予想されますが

勢いで飛びつかず冷静に考えた上で
ICO案件に参加するかどうか
決めるようにしていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*