プロフィールから見える人柄を認められた原田正文さんが展開するビジネスとは?

原田正文さんのプロフィールを語るにあたって欠かせないことがあります。大学は教育学部卒業だということです。

もちろん教育学部出身者でも先生になるだけが就職ではありませんが、最初の就職先がIT関連のベンチャー企業だったことには驚いてしまいます。

さて、ここでは、原田さんのプロフィールを中心に、原田正文という人物についてご紹介します。

原田正文さんのプロフィールは?

原田正文さんは「熊本大学教育学部卒業」です。教育関係の大学出身であることからも一般教養や教職についてかなりの知識を持っておられることがわかります。

それも就職先が東京という大都会でした。これは、一般的にも思いきった進出で、そのことからも原田さんの行動力、積極性がわかります。

原田正文さんは、1986年、熊本県熊本市に誕生されています。大学は教育学部に合格され順調な学生生活を送られたようです。

教育について専門的に学ばれてきたのですが、就職先がITベンチャー企業でした。そこではリーダーを任されたようですが、結果が出なかったようで、フリーター経験の後にグリー株式会社に入社されます。

グリーでは大口の事業責任者という大役を任され、プロダクトマネージャーとしてソーシャルゲームの製作を手がけられました。大きなビジネスは人を育てると言いますが、この経験が大きかったのでしょう。2015年、株式会社エム・マーケティング代表取締役に就任され、原田正文流のビジネスを展開されていきます。

株式会社エム・マーケティングの事業展開はめざましく、広告代理事業や通信販売事業、そして、社会福祉に至るまで大きく発展していきます。そこで原田さんが考えられたことが、事業の子会社化でした。それぞれを子会社として独立させることで、組織の整理、見直しを行ってこられています。今もなお、新規事業の子会社化に意欲を見せておられるのです。

原田正文さんの会社は存在する?

東京、六本木には住友不動産が所有するビルがあります。

そこに原田正文さんの会社が存在します。エム・マーケティングです。スローガンは「良い人が勝つ会社を創る」で、上述しましたが、原田さん自らがビジネスを展開された、いくつかの事業を子会社化して、社名をエム・マーケティンググループとされているのです。

原田正文さんが言われる「良い人が勝つ社会」ということから特に注目したい事業が「社会福祉事業」です。社会福祉の分野については、高齢化や少子化という現在の社会の課題に向き合う上で、非常に注目されている分野です。

多くの起業家が事業を展開されているなかでも、原田さんの福祉への参入は大いに注目されるところです。ここで、エム・マーケティンググループの事業内容をご紹介します。

○広告宣伝の企画・制作
○通信販売
○教育事業(社会人対象)
○社会福祉関係事業

31歳という若さで、このような多角的経営を展開されている原田正文さんの手腕は非常に優秀といえます。

そこには、大学の教育学部で学んだ教養と、ITベンチャー企業でリーダーをされ、その後の会社での重責を経験されてきたからこそできるものなのでしょう。また、31歳だからできる冒険とも受け取れないことはありませんが、その辺りは知性でカバーされているのでしょう。

原田さんが言う「良い人が勝つ社会」づくりを着実に実行していっておられるように思います。東京の中心、六本木に会社をどんと構えておられる原田さんのビジネスです。これから先の動向には注目していきたいですね。

原田正文さんは有名?

原田正文さんの人脈は相当なものです。

起業家のお付き合いだけではなく多方面にわたってつながりをもたれているようです。起業家同士のイベントや旅行などで原田さんと一緒になった方は「周囲への気配りがよく、一緒にいて幸せを感じさせてくれる人」という印象を持っておられます。

どんな場面においても人に対しての対応力にすぐれておられるからです。

原田正文さんの付き合いは、起業家同士にとどまりません。株式会社エム・マーケティングの社員とのコミュニケーションも欠かしていません。

社員を大切にしているところがうかがえます。社長と同じ時間を過ごせて幸せだという社員も多く、それは原田さんの周囲への気配りややさしさの表れです。

そのことは、後述しますが、ブログのこまめな更新からもわかります。同じ起業家や起業家の卵、社員だけではなく、これからビジネスを始めようとしている人への提言をしっかりと伝授してくれているのです。

原田さんの生き方やビジネスのノウハウを惜しげもなく披露されているところが人気になっているのです。

肉体改造に取り組まれたことで有名だということでは失礼にあたるかもしれませんが女性に人気がある、誠実な人柄として、起業家の間でも人気のある方です。

もちろん起業家としての成功者(31歳という若さ)でも有名です。これほどのビジネスを展開されている原田正文さんですから、その手法については有名で、多くの方が学ばれています。

そこで、注目したいことは原田さんが実際に手がけておられる業務です。

その一つがプロデューサーとしての原田さんの手腕です。プロデューサーは初心者にはなかなか難しいと思いますが、少しでも勉強をされてきたのであれば、原田さんのプロデュース力を学んで見ることをオススメします。

この他にも原田正文さんの手腕から学ぶことは多々あります。業務委託契約としてのカスタマースタッフや経理スタッフ、また社会福祉でも事業スタッフについても学ぶ価値はあるでしょう。

また、原田正文さんはエム・マーケティングのサイト内で「M MARKET BLOG」として更新を頻繁に行っておられることでも有名です。原田さんの会社「エム・マーケティング」の最新情報を中心に、ビジネスにおいて成功するための極意を伝授してくれています。

エム・マーケティングの公式サイト

最近のブログには「ビジネスアイデアの生み出し方」として、どうすればビジネスアイデアが出てきますかという問いかけから始まる内容があります。

毎回読者が読んでみたくなる表題でワクワクさせてくれているのです。その他にも「不可能を可能にし続けよう!」「現状から始めるな。ゴールから始めよう!」など読み手にとっても非常に参考になることを書いておられます。

まとめ

いかがでしょうか。原田正文さんはそのプロフィールを見てもわかるように、しっかりとした知性と思い切った決断力を兼ね備えた方です。

また、株式会社エム・マーケティングという会社もしっかりとした会社で、原田さんが誠実にビジネスを展開されていることもお分かりいただけたでしょう。

原田正文さんは、優れた能力を持たれた方です。31歳の若さでグループ企業の代表をされていることが証明していますが、ここまでの若手はなかなかいません。原田さんの魅力は、教養とともにある行動力といえます。これから起業を考えておられる方は、ぜひ原田さんの手法を学んでいただきたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*