アルトコイン

坂本ロマン氏の「The Rule」は怪しい!?「権利収入で稼ぐ」の意味とは?

働かずにお金が入ってくるというのは、誰もが憧れてしまいますよね。
昨今ワークライフバランスなどが提唱される中、いかに自分の時間を好きなように使うことができるかというのが重要視されています。
その中で、労働を伴わない収入源を得たいと思っている人は数多くいることでしょう。

しかし、そういった心理を逆手に取り、お金を騙し取ろうとする悪質な業者が世の中には多く存在していることを頭に入れておかなければいけません。
今回は坂本ロマン氏が手掛けている「The Rule」を調査していきます。
権利収入の謎をひも解いていきましょう。

坂本ロマン氏が手掛ける「The Rule」って何?


まずは、レターページに記載されている内容から「The Rule」を紹介していきます。

最初に目に飛び込んでくるのは、
「月額10万円~20万円の権利収入を提供する歓喜のプロジェクト始動」
の文字です。

作業や努力ややる気も必要なく、システムを活用するだけで、自動的に権利収入が振り込まれていくプロジェクトであると説明されており、参加についても無料と書かれています。

詳しいビジネスモデルについては一切の説明がなされていません。

『権利収入』というのが唯一のキーワードとなっています。

後は、毎月収入が振り込まれることによって人生がどのように変化するのかなど、いわゆるバラ色の未来を描いたような説明がなされています。

ここまで読んで、怪しさしか感じさせないというのもある意味凄いですね。

「権利収入」と聞けば、憧れるイメージがありますが、こういったプランを提唱するものに限って詐欺であることがほとんどです。

ただ、「The Rule」に関してはそのことにも言及しています。

「―また詐欺かー
そう思うのも仕方ありません。

巷には「現金10万円プレゼント!!」などと公言しておいて
誰一人として10万円を受け取れず
しまいには30万円・50万円・100万円と
高額な商材やスクールを販売してくる
悪徳業者で溢れかえっています。

でも…もう安心してください。

僕があなたにホントウに月額10~20万円の
権利収入をお渡しします。
~」

このような文言がレターページ中部に記載されています。

「The Rule」を知った人に安心感を与えるために記載されていると思うのですが、
高額な商材やスクールを販売することについては否定していません。

もしかしたら権利収入を得る仕組みを教えてもらうことはできるかもしれませんが、
商材・スクールで多額のお金を請求してくる可能性は0ではありません。

どちらにせよ注意した方がよさそうですね。

気になる言葉「権利収入」について解説


詳しい全貌についてはいまだ明かされていない「The Rule」。

ビジネスモデルとして把握できているのは「権利収入」で稼ぐということだけです。

そもそも「権利収入」とはどういったものなのでしょうか。

ここでは、確認も込めて「権利収入」について解説します。

「権利収入」とは?

「権利収入」は、単純に解釈すれば、権利によって得ることができる収入と説明することができます。

収入とは、一般的にサラリーマンのように会社などで働くことによって得られる「労働収入」と「権利収入」の2種類があります。

よく「不労収入」という言葉もありますが、これは働かなくても得られる収入を指します。

違いとしては、収入を得るために働くかどうかによって「労働収入」と「不労収入」を分けることができます。

そして、労働によって収入を得ているか、権利によって収入を得ているかで「労働収入」と「権利収入」に分けることができます。

権利によってお金を得ている中で、働く必要がないという意味では、「権利収入」と「不労収入」は似たようなものであるといえます。

では、「権利収入」の元になる「権利」には一体どのようなものがあるのでしょうか。

例えば、小説などを執筆する作家を想像してみましょう。

作家が制作した本には、作家自身に著作権が帰属しています。

その中で、出版社が作家の著作権を使用して、本を販売し、それが売れることによって、売上の一部が作家に収入として入ってきます。

これは、いわゆる「印税」というものですが、これも著作権という「権利」を利用することによって、収入を得ているという形の「権利収入」です。

ただ、本を書くには多大な労力を必要とするので、実質的に働いていないわけではありません。

実際にお金を生んでいる期間に関しては、労働をしなくてもお金が入ってくるという形になります。

その他にも、「不動産」というものがあります。

例えば、「アパート経営」をしている人を想像してください。

アパートの所有権は不動産を所有している人に帰属します。

そこから一時的にアパートを使用する権利を貸与して、毎月家賃という形で使用料を支払うことで、不動産の権利者は収入を得ることができます。

これも1つの「権利収入」の形ですね。

「権利収入」とは、何らかの権利を利用してお金を稼ぐ仕組みであると説明しましたが、重要なのは、何の権利を保持しているのかという点と、その権利を利用させるメリットがあるということになります。

こうやって見てみると、「権利収入」という言葉自体はそこまで怪しいものではないといえます。

他者にとって有益な権利を所有していれば、多大な収入を得ることも不可能ではないことと考えられます。

しかし、この「権利収入」という言葉は、「ネットワークビジネス」の世界でも多用されていることに注意しなければなりません。

例えば、アムウェイに代表されるネットワークビジネスを思い出してみてください。

あのシステムでは、誰かにアムウェイを紹介し、入会させることによって、売上の一部を収入とすることができますよね。

あれも商品などを販売する「権利」を使って収入を得ているモデルになります。

ただ、ネットワークビジネスには悪質な事例も多く、「権利収入」という言葉で人を釣ろうとしている業者も多数見られます。

確かに、「権利収入」は聞こえのいい言葉ではありますが、落とし穴も同時に存在することに注意しなければなりません。

「The Rule」で本当に稼ぐことができるのか?


詳しいビジネスモデルが何1つ明かされていない「The Rule」ですが、本当に「権利収入」で稼ぐことができるのでしょうか。

ちなみに主催者の坂本ロマン氏の経歴には以下のようになっています。

・8年間の年月を費やし10タイプの権利収入を構築
・全てのインターネットビジネスや投資を「自動化」させる
・権利収入メーカーとしての第一人者

香ばしい内容となっていますが、この情報から少し予想してみましょう。

まず、「権利収入を構築」とあります。

これは、何らかの物やシステムを制作し、その権利を販売することによって収入を得ていると解釈することができます。

その手掛かりとして「インターネットビジネス」や「投資」を「自動化させる」と記されています。

このことから、例えば、投資の自動売買ツールを制作し、ツールの使用権を販売することで収入を得ていたのではないかということが考えられます。

その他にも、「インターネットビジネス」であれば、情報商材などを制作し、販売権を売ることによって収入を得ていたと考えることもできます。

記載されている内容が「本当」であればの話ですが・・・

「The Rule」が投資系の案件だった場合、参加者に自動売買ツールなどを使用させて稼ぎ出すということは考えられません。

なぜなら、ツールによって参加者が得る収入は「権利収入」ではないからです。

そうなると、答えは絞られてくると思うのですが、
おそらく「The Rule」では、「ネットワークビジネス」に近い内容であると予想できます。

坂本ロマン氏が制作した何らかのシステムなどの参加者に配布し、それを他人に紹介することによって収入を得るという仕組みです。

なので、「権利収入」と書いてありますが、おそらく「ネットワークビジネス」の類で使われている意味に近いと考えられます。

そう考えると矛盾が生じてしまいます。

なぜなら「The Rule」では、「作業」「努力」「やる気」も不要であることが記載されています。

「ネットワークビジネス」において参加者が収入を得るためには、何らかの作業が伴います。

それすらも自動化するというのであれば話は別ですが、継続的に毎月10~20万円を稼ぐというのは、現実的な話ではありません。

これはあくまでレターページに記載されている内容から推測をした内容なので、これが正しいとは限りません。

ただ、「権利収入」という言葉に期待をするほどの内容ではないと考えられます。

坂本ロマン氏は過去にアフィリエイト系の高額塾を運営?


「The Rule」を手掛ける坂本ロマン氏についても詳しく調査していきます。

調べてみると、どうやら「The Rule」以外にもプロジェクトを手掛けていたことが判明しました。

それは、「ツイッターアフィリエイトスクール TAX」というもので、Twitterを利用することによって1日20万円以上の報酬を稼ぐという内容のビジネスです。

「The Rule」と比べても、とんでもない額を披露しています。

ただ、このスクールに参加するためには、入塾費用378000円がかかります。

いわゆる高額塾ですね。

これだけの費用を支払って、Twitterで稼ぐ方法を教えてもらうというのも変な話ではありますが、どうやら詳しく調べるまでもなく、使えないノウハウであることが指摘されていました。

こういった怪しい案件に出くわした時には、主催者の名前をネットで調べることによって、過去どのようなプロジェクトを手掛けてきたのかを明らかにすることが可能です。

そういった経歴を見ることで、その人物が怪しいかどうかを判定することができます。

現状として、使えないノウハウを高額塾として提供していた過去を持つ坂本ロマン氏は信用に値しない人物として警戒すべきであるといえます。

「The Rule」への参加によってお金を騙し取られる可能性が高い

「権利収入」によって、毎月収入を得ることができると謳っている「The Rule」。

こういった案件ではお馴染みではありますが、お金を騙し取られる可能性が高いと考えていいでしょう。

「The Rule」では、参加に関しては無料と記載してありますが、後々高額な商材や塾の勧誘が待っている可能性が高いです。

権利収入を得るためのコミュニティに参加する費用を請求される可能性もあります。

「数か月で元が取れるからいいかな」と思ってしまうかもしれませんが、ほとんどの場合、それで稼げたためしがありません。

過去に、高額塾を運営していた経歴も明らかになったことですし、今回も同様の手口を働いてくる可能性が高いです。

都合の良い話に限って、騙される可能性が高いものです。

「The Rule」に参加してしまった場合、多大な損を被る可能性がありますので、注意してください。

少しでも興味を抱いてしまった人への注意喚起


こういった勧誘を目にする機会は多くなっているといえます。

最近では、ネット広告などによって偶発的にこういった案件を目にすることもあります。

普通の感覚であれば、そういった勧誘を見ても「そんなわけない…」と一蹴することができると思います。

しかし、時と場合によって、不安を抱えていたり、お金に困っていたりすると、藁をもつかむ思いでこういった案件に参加してしまう人はいるものです。

まずは、どんな精神状態であっても、こういった都合の良い話に乗らないという強い気持ちを持つことが必要となります。

しかし、場合によっては、こういった案件で被害に遭ってしまう可能性もあります。

そんなときには、訴訟も視野に入れながら、騙し取られたお金を取り戻すことを考えましょう。

おすすめは「集団訴訟」です。

訴訟費用を被害者全員で分担するので、個人の負担が軽く、最後まで相手と戦うことができます。

前提として被害に遭わないように注意することが重要ですが、もし被害に遭ってしまった時のことを考えて、こういったことを頭に入れておいてください。

まとめ

「The Rule」は最近始動しだしたプロジェクトでもあるため、具体的な被害者が存在するわけではないですが、これまでのパターンからいえば、まず間違いなく悪質な案件であると予想することができます。
具体的なプランを全く明かさず、甘い言葉で勧誘を持ち掛けるのは非常に悪質な手口です。
皆さんも注意してください。

仮想通貨系の詐欺!?「ビットアカデミー」と松本太陽氏について考察

皆さんは仮想通貨についてご存知でしょうか?仮想通貨は比較的新しいので、詳しくは知らないという方が多いです。

仮想通貨は興味を持っているけど難しそうだから辞めておこうと思っている方もいるでしょう。
そんなときに仮想通貨について勉強できる学校があったらとても魅力的ですよね。

今回紹介する「ビットアカデミー」に参加すれば仮想通貨についてとても詳しく学ぶことができるでしょう。
しかも、仮想通貨の取引のタイミングや、icoまで学べるというのです。

icoは投資したお金が数十倍以上になって返ってくることもあるので、億万長者への道が開けます。
これに乗らない手ありません。
しかし、このような都合の良い話が真実であるという例は非常に少ないです。

この「ビットアカデミー」は詐欺案件なのではないかという疑いがあります。
お金を騙し取られたという口コミもありますし、松本太陽氏自身も信頼できる人物とは言い難いというのが実態です。
それでは「ビットアカデミー」と松本太陽氏について詳しく見ていきましょう。

松本太陽氏が運営している「ビットアカデミー」

「ビットアカデミー」は、松本太陽氏が運営している仮想通貨について教えている学校です。
仮想通貨の様々な情報を出しており、
プレミアムコースは158000円、ライトコースは78000円で受講できます。

その内容は、次の通りです。

(1)サンライズ(6種類の通貨の両替のタイミングを配信)
(2)ビットラージ(毎日配信/取引所間の仮想通貨の価格差をメール配信)
(3)ICO情報(不定期)
(4)プレミア限定情報(不定期で海外の最新情報などをお届けします)

(3)のicoというのは、新規株の仮想通貨版という認識で大体合っています。
まだ出回っていない仮想通貨の開発に出資する代わりに、
上手くいけば10倍から100倍を超える額を得ることが期待でき、その利益率が魅力です。

これらのことを学ぶことができればかなりの億万長者になれるでしょう。
実際にビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨はかなりの伸びを見せました。
2018年の12月末にはかなりの暴落となりましたが、依然として技術には注目が集まっていますし、レートが下がる方に賭けることも可能です。

このため、レートが上がらなくなっただけでまだまだ業界として生き残っています。


しかし、「ビットアカデミー」は少し怪しい案件である恐れがあります。

仮想通貨の取引のノウハウを教えてお金を稼ぐというのは、ライバルが増えるのは望ましくありません。
自分でこっそりとお金儲けをするのが適切です。

また、icoはかなり危険があり、世に出回っているほとんどは効果がないと言われています。
icoの出資だけさせておいて逃亡し、お金を騙しとる詐欺が後を絶ちません。
「ビットアカデミー」は、その情報を配信しているものの、正しい情報であると考えるのは早いです。
正しい情報であるという確証があるのなら自分自身が参入するでしょう。

また、優良なアカデミー自体数が少ないので、まずは疑いから入るのがちょうど良いです。
参加したいと考えている方は一度立ち止まってみましょう。
優良なアカデミーが少ないのは、入会費を払わせれば生徒がどうなろうが関係ないためです。
成果を保証していない場所が多いことがそれを暗に示しています。
これは、他の業界にも言えることです。

松本太陽氏は誰をターゲットにしていた?


松本太陽氏は主に仮想通貨の初心者をターゲットにしたのではないかと考えられます。
主に2017年の後半にビットコインが注目され始めたのは記憶に新しいと思います。
しかし、取引の方法まで理解している方はあまり多くありません。
また、仮想通貨自体かなりわかりにくいシステムです。

仮想通貨の基本であるブロックチェーンとは何かを答えられる方は少数派であると思われます。
けれどTVやインターネットでビットコインが流行りだして参入したいと考えた方は多かったため、松本太陽氏はそれを敏感にキャッチして「ビットアカデミー」を開いたのでしょう。

仮想通貨はわかりにくいので、適当なことを説明しても初心者が相手であればそれなりに信じて貰えることが期待できます。
このため、「ビットアカデミー」は素晴らしいビジネスになると考えたのでしょう。
しかし、これだけでは詐欺の恐れがあるとは言えません。

しかし、詐欺なのではないかと強く疑うことができる要素が存在します。次の章をご覧下さい。

松本太陽氏が過去に携わった案件


松本太陽氏は松本敏彦名義でD9クラブという案件に関わっていました。
これは、簡単に説明すると、会員へ資金運用することで借りた額以上にして返すという口実で出資させ、配当を渡さずに逃亡したという事件です。

D9クラブには既に被害者弁護団が立ち上がっています。
この経歴があるので、「ビットアカデミー」も同様に、会員からお金を取ることを目的とした詐欺なのではないかと考えることができます。

松本太陽氏の経歴は凄いが完全に信頼することは難しい

松本太陽氏はビジネスに強い人間です。ホームページで紹介しているようにAmazonランキング総合1位の「仮想通貨大百科」を執筆しています。

このことから実績があり、仮想通貨の知識をかなり持っているものと思われます。

しかし、仮想通貨について知っていることと取引で勝てることはまた別の問題です。
複雑な要素が絡み合うので、実績があれば取引が上手い訳ではないのです。
もちろん、何の実績もないよりはマシですが、重視すべき点ではありません。

確かに実績や肩書きは、集客をするにあたってかなりの武器になります。
しかし、それ故に濫用されている点が目立つのも事実です。

例えば、「あのアイドルも認めた」「○○大学を卒業した」などのキャッチフレーズがあります。
これは、あくまでもPR用の宣伝文句でしかありません。

「ビットアカデミー」の口コミについて


「ビットアカデミー」の口コミを調べたところ、やはりあまり良い評判は見受けられません。

特に松本太陽氏への恨みとも取れる文が目立ちます。

連絡するも反応がないといった内容から、お金を騙し取られたという悲鳴まであります。
やはり、「ビットアカデミー」は信頼できる案件とは程遠いことがわかります。
しかも、「投資案件を送るから指定のメールアドレスへ連絡を下さい」というメールが届いた報告もされています。

被害を与えておいて更にお金を取ろうとする意志があると見て間違いありません。

仮想通貨の案件に参加する前に理解しておくべきこと

仮想通貨など投資案件はわかりにくい点が目立つ業界です。
そのため、よくわからない内に参加すると、思わぬ形で痛手を受ける恐れがあります。
そこで、参加する案件の基本的事項を抑えておくことの他に、理解しておくべきことがあります。

金融商品は最大のチャンスこそ最大のピンチである

2017年末には仮想通貨の一種であるビットコインが流行りました。
かなりの伸びを見せましたが、その後かなりの急下落をしてしまいました。

高値でビットコインを買ってしまった方はかなりの損失となったはずです。
この急下落は偶然ではありません。

金融商品の取引は、強者が弱者から合法的にお金を奪うことができる戦いの場なので、強者が仕掛けたと見るのが妥当です。

ここで言う強者は、かなり前からビットコインを仕込んでいたトレーダーです。
彼らはレートが上がったことでもう十分に利益を出せたので、買っていたビットコインを売ったのです。
そうすると、かなりレートが下がります。

そして、ビットコインが上がっているというニュースを聞いて高値でビットコインを買った弱者が飲み込まれてしまったのです。
最大のチャンスは、最大のピンチなので、参加する際には十分に注意してください。
このように、
一般人が情報を手に入れた時にはもう遅いですし、メディアも誰かが損失を出すことは構いなしに宣伝します。

税金面も考えなければならない

仮想通貨はまだ法的に整備されていない面が目立ちます。

このため、トレードで得たお金は投資でありながら雑所得として計算されます。
松本太陽氏の「ビットアカデミー」でそこまで教えてもらえれば問題ありませんが、先にあげた講義の内容を見ると実践的な面が目立ちます。

恐らく、いざ儲かった時の対応は教えていないと思われます。
仮想通貨の税金については、こちらの記
を参考にするととてもわかりやすいです。

もし被害にあったら集団訴訟


松本太陽氏の「ビットアカデミー」は詐欺の疑いが非常に強いです。
もし被害にあってしまったら集団訴訟の検討をしましょう。
集団訴訟には多くのメリットがあり、メンバー内でお金を出し合えるので金銭的に余裕のない人でも訴訟が可能です。

集団訴訟ポータルサイトMatoMaにて「ビットアカデミー」事件を扱っており、幸か不幸か、かなりのメンバーが集まっています

勝訴したときの損害賠償よりも訴訟代の方が高いので裁判せずに諦めてしまうことはよくある話です。
しかし、これからは集団訴訟によって戦うことができます。
松本太陽氏の「ビットアカデミー」に限らず詐欺はかなり多くありますので、戦う方法として覚えておいて損はないでしょう。
集団訴訟の際にはネックとなる点がいくつかあります。

まず、メンバー集めがとても面倒です。
というのも、集団訴訟のメンバーになれるのは同じ事件の被害者だけです。
そこで有効なのは当サイトやSNSを利用することです。

インターネットがあれば広く呼びかけることが可能なので、積極的に使いましょう。
特に当サイトは集団訴訟を扱っており、事件について検索した人と合流しやすいのでオススメです。
また、詐欺事件の証拠を集めるのも一苦労ですが、集団訴訟は証拠の共有ができます。
メンバー内に1人でも証拠を持っている人がいれば全員の証拠として扱うことが可能です。

まとめ

今回は、松本太陽氏の「ビットアカデミー」について考察しました。
松本太陽氏は、過去に詐欺を行っており、被害者の会ができています。
今回の案件も「ビットアカデミー」も同様に詐欺である危険が非常に大きいので参加は控えて下さい。
実際に当サイトでも被害者が集まっています。
被害にあってしまったら集団訴訟を検討しましょう。

多くの詐欺が蔓延している現代を生きている一般市民に
とって集団訴訟を知っておくことは必須です。

注目の仮想通貨dogecoin。dogecoinはどの取引所で購入した方が良いのか

日本での仮想通貨市場は衰えを見せたともいわれていますが、実際には全くそのようなこともなく、むしろ値下がりをしたことで買いやすくなったと、仮想通貨取引に参入をしてくる人が増えているのです。

しかしそこで重要になってくるのはどの仮想通貨で取引をするのかというところでしょう。値段がお手頃になったと言っても、まだまだビットコインやリップル、イーサリアムなどの有名な仮想通貨は信頼度も高い代わりに価格も安いものではありません。

むしろリスクを抑えたいと思うのであればまだまだ値段が安い仮想通貨に投資をして、例えそれが0円になったとしまっても大した損失にはならない。

かつ、もし大きく値上がりをしてくれたら莫大な利益を獲得できるといった一攫千金狙いをした方が良いかもしれません。

続きを読む