ブロックチェーンはヘルスケア産業に可能性を与える!?

今話題の「ブロックチェーン」の技術はヘルスケア産業にメリットをたくさん与えるようです。

そこで今回は、「ブロックチェーン」を導入することでヘルスケア産業にどんなメリットや課題があるのかなど色々紹介しますので、参考にしてみてください。

1. ブロックチェーン技術がヘルスケア産業に与える3つの影響

「仮想通貨」や「ビットコイン」などの言葉がここ最近でかなり世間の方たちの耳に入るようになり、ニュースにもなるくらい話題になっていますが、「仮想通貨」を陰ながら支えている「ブロックチェーン」と呼ばれる技術が、なんとヘルスケア産業にまで影響させるということがわかりました。

今回は、「ブロックチェーン」技術が医療分野に対する影響をメリットという形で紹介しますので、参考までに見てみてください。

その前にそもそも、「ブロックチェーン」という技術はどんなものなのかわからないという方のためにも改めて説明させていただこうと思います。

「ブロックチェーン」というのは、簡単にまとめると皆で使える記録台帳のような感じのようです。

元々は2008年に「サトシ・ナカモト」という方が「仮想通貨」の「ビットコイン」での基盤技術として論文を提出し、今では「仮想通貨」を根本から支えるまでに発展した技術みたいです。

「ブロックチェーン」は暗号化されているため、分散してデータが保存されるので、データの改ざんが不可能になるようなのです。

なので不正があればすぐわかりますし、まずほとんどの確率で不可能と言われています。

そういった魅力的な点から「ブロックチェーン」の技術を取り入れるところが最近多くなってきているみたいです。

「ブロックチェーン」の技術を取り入れ始めているところとして、今回紹介するヘルスケア産業が挙げられています。

とても遅くなりましたが、「ブロックチェーン」の技術がヘルスケア産業に与えるメリットはどんなことが挙げられているのか紹介していきますので、参考までに見てくださると嬉しいです。

1-1.データのセキュリティ向上

「ブロックチェーン」の技術がヘルスケア産業に与えるメリットとして、1つ目はデータのセキュリティ向上ということが挙げられているようです。

ヘルスケア産業はまだまだデジタル化されていない状況だったりしているようなのですが、データの漏えいなどプライバシーに関わることが「ブロックチェーン」の技術を取り入れるまで不安な点だったようです。

データの改ざんが不可能になるメリットがかなり大きいのではないかと思いました。

これは患者さんのプライバシーを守るためにも必要とされているようなので、「ブロックチェーン」の技術はかなり優れていると言えるでしょう。

そして、病院や薬局はデータを見るためにお互いのデータの送信を繰り返さなくてはいけない状況でしたが、「ブロックチェーン」の技術は共通の同じ台帳を見れば良いのでとてもスムーズになっているようです。

1-2.医薬品の偽造防止

「ブロックチェーン」の技術がヘルスケア産業に与えるメリットとして、2つ目は医薬品の偽造防止ということが挙げられているようです。

医薬品の偽造で毎年計り知れない多くの方たちの命が失われているということがわかりました。

そのようなことを防ぐために「ブロックチェーン」の技術を活用しようということのようです。

不正行為をするとすぐに見つかる「ブロックチェーン」の良さは、医薬品の偽造防止の他にも医薬品の改ざんを防ぐこともメリットに挙がるので結果として患者さんの命を救うことに繋がるとのことです。

今の時代、様々な技術が優れているからか偽造することがかなり簡単な世の中になってしまったようなのですが、それ以上に上回る技術の「ブロックチェーン」があるということは、これに勝るものはないのではないかと考えられているみたいです。

1-3.コスト削減

「ブロックチェーン」の技術がヘルスケア産業に与えるメリットとして、3つ目はコスト削減ということが挙げられています。

メリットの2つ目にあったように、医薬品の偽造がかなり目立っている時代と言われているようなのですが、「ブロックチェーン」の技術を取り入れることによって、医薬品の偽造を防止することができるので結果として、かなりのコスト削減が期待できると言われているようです。

そして基準を満たさない医薬品の流入を未然に防ぐこともできるようなので、そちらについてもコスト削減ができると期待されています。

2. ブロックチェーン技術を活用したヘルスケア産業の実例

「ブロックチェーン」の技術は、様々なヘルスケア産業で活用されているようです。

「ブロックチェーン」はヘルスケア産業においてかなり大きな可能性を与えていることでも話題を集めていて、今最も注目されている技術です。

そんな「ブロックチェーン」の技術の実例はあるのかどうか調べてみたのですが、さすが「ブロックチェーン」とも言えるものでした。

そこでこれからいくつかの「ブロックチェーン」の技術の実例を紹介しますので、参考までに見てみてください。

実例として、電子政府であるエストニアが電子カルテで100万人以上の国民の健康記録を管理するために、ベンチャー企業と連携して取り組んでいるようです。

そして2018年には、国境を越えてフィンランドと「ブロックチェーン」を活用した医療データの共有に取り組むということがわかりました。

やはり、電子政府であるエストニアということで一足先に活用するという行動が素晴らしい点でもあるのではないかと思います。

そしてもう一つ、「ブロックチェーン」の技術を活用した実例を紹介したいと思います。

実例として、福岡エリアで医療情報連携に取り組んでいるということが挙げられているようです。

どういうことかと言いますと、東京海上日動が2017年から医療関連データと保険関連データを連携して管理するシステムに構築に取り組んでいると言うのです。

実証した結果として、保険金の支払い業務の効率化が得られたり、企業だけではなく顧客の利便性の向上を得られたりとかなり素晴らしいメリットが得られたようです。

東京海上日動はさらに本格的な「ブロックチェーン」の技術を活用した事業の展開を進めていくと考えているようなので、今後に期待できると思います。

3. ブロックチェーン技術とヘルスケア産業の課題

「ブロックチェーン」の技術をヘルスケア産業で活用するにあたって数々の素晴らしいメリットが得られるということがわかりました。

なのですが、メリットだけではなくやはり今後改善していきたい課題があるようなのです。

それは一体どんな課題なのかと気になることと思いますので、紹介していきたいと思います。

「ブロックチェーン」の技術がヘルスケア産業で活用するにあたって課題となる点は、どのようにして患者さんのプライバシーを保つかというところが挙げられているようです。

「仮想通貨」の「ビットコイン」では、第三者であっても記録されている全ての情報を閲覧することができるようなのですが、医療記録のようなものだと個人情報に関しては閲覧することに制限を加えるなどのセキュリティが強化されているようです。

そういったことからどのように患者さんのプライバシーを保つかどうかという課題が課せられているようです。

そのため、ユーザーが情報を開くかどうかの選択をできるようにしようと検討しているという情報がありました。

なので、このような課題も今後はメリットになるのかもしれません。

4. ブロックチェーン技術によるヘルスケア産業の今後の可能性

「ブロックチェーン」の技術によってヘルスケア産業の今後はどのような可能性が秘めているのか気になると思います。

「ブロックチェーン」の技術は今後、全体的に医療データは管理していくことになると言われているようです。

まだ始まったばかりの「ブロックチェーン」ですが、ヘルスケア産業には大きなメリットがあるということがわかりました。

「ブロックチェーン」の技術を活用することで、データを把握することもかなりスムーズになり、特に電子政府のエストニアがすでに他国との連携を進めているということが、今後の展開に期待できる気がします。

今回紹介させていただいた点を参考までに見てくださると嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*