ブロックチェーンの技術によって在庫管理システムはどう変わるのか?

現在、様々な技術が発展を遂げそういった技術がビジネスの場で使われ始めています。中でもブロックチェーンシステムは色々な方面で大きな注目を集めている技術となっています。

このブロックチェーンの技術によって、在庫管理システムが変わりつつあります。

ここでは、ブロックチェーン技術を使うと在庫管理システムがどのように変わるのかをご紹介していきます。

1. ブロックチェーンを応用した在庫管理システムとは?

ブロックチェーン技術は、主に金融業界において使われるシステムといった認識を持っている人が多いのではないでしょうか?仮想通貨の取引などにも使われる技術であり、多くの企業が注目している技術なのです。しかし、こういった業界だけではなく、現在ではブロックチェーン技術を色々な場面で応用しようとしている動きがあるのです。その一つが在庫管理システムにおいてブロックチェーン利用するといった動きですね。

主に物流の業界で注目されており、ブロックチェーンの特徴である分散型台帳においての活用が期待されているのです。ブロックチェーンの分散型台帳は取引の履歴が自動的に残り、利用者に対して正しい情報も公開されるようになっています。また、正しい情報が公開されるだけではなく、その取引以外の取引も確認することができるので、データの改ざんなどの不正も防ぐことができるのです。

こういったブロックチェーンのシステムは、物流業界の在庫管理システムには適しているものであり、もし採用されるのであれば物流業界は大きく変わるともされています。というのも、物流業界というのは物を生産したところから、購入した人のところにまで物を届けるのがメイン事業となります。その届ける過程というのも、少々複雑でありいくつかの工程に分かれているのです。現在の在庫管理ステムでは、そういった流れを把握するのに大きな労力を要するのが現実です。

一つ一つの商品がバラバラに管理されているので、データを失ってしまうことや改ざんされてしまうといった懸念があり非常にリスクの高い管理方法とも言えるのです。しかし、ブロックチェーンの技術が注目されることで、こういった物流業界の在庫管理に明るい兆しが見えてきたといったも過言ではないかもしれません。後述しますが、すでにブロックチェーン技術を採用している企業もあります。

2. ブロックチェーンを在庫管理に応用するメリット

ブロックチェーンを在庫管理に応用するメリットは、前述した在庫管理システムのリスクを大幅になくすことができると言われています。つまり、今まで物流業界で大きな問題だったことを、ブロックチェーン技術が救うことになるのです。ブロックチェーンの大きな特徴といえば、取引の履歴が自動的に記録され、その取引情報を誰でも見ることができるといった点です。

ということは、商品が生産者から消費者にまでどういった過程で届くのかが全て記録され、それを誰でも確認することができるので、不正を行われるのは不可能でしょうし、データの改ざんなどが行われる心配もなくなるということです。ですので、企業の信頼性も上がりますし利用者の安心度も、今までの物流業界とは大きく変化してくるものだと思います。これは、物流業界において大きなメリットといえることです。

さらにブロックチェーン技術を物流業界の在庫管理システムに採用することで、新たな企業の参入障壁を大きく下げることになります。今までは物流業界に参入はしたいうが、在庫管理のシステムがあまりにも手間が掛かるといったリスクがあったので、なかなか参入することが難しいと感じている企業は多かったです。しかし、その在庫管理システムがブロックチェーンでも管理になれば、新たな企業も参入しやすくなります。

現在物流業界は人手不足などの都合で、非常にコストが高くなっているのが現状です。しかし、新たな企業が参入することによって、そのコストも下がりますし、価格競争が生まれて物流業界自体が活性化されることになりますね。これは何よりも消費者のメリットが多く、今までより安く商品が届くので非常に嬉しいことといえるでしょう。少し前にクロネコヤマトの従業員の働き方などが注目されましたが、新たな企業が物流業界を変えることで、あのような問題もなくなると信じています。

3. ブロックチェーンを在庫管理に応用するデメリットと課題

ここまでは、ブロックチェーンを活用するメリットをご紹介してきました。それだけを見ると非常に可能性を秘めたものであり、すぐにでも採用した方が良いといった声も上がるかもしれません。しかし、メリットだけではなくデメリットと課題があるのも事実です。では、ブロックチェーンを在庫管理に応用することで生まれるデメリットと課題を見ていきましょう。

何よりも大きいのは、物流業界にブロックチェーン技術を導入するとなると、物流業界の法律を変えていかなくてはいけなくなります。これが大きな課題であります。また、簡単に導入できるシステムではなく、本格的に導入するのであれば、日本だけではなく海外の協力も必要ですし、様々な企業との連携も必要となっています。魅力的なシステムではありますが、導入するにはまだまだハードルが高いものといっても間違いないのかもしれません。

4. ブロックチェーンによる在庫管理をしている企業実例

株式会社PALとソラミツ株式会社に関しては、すでにブロックチェーンによる在庫管理のシステムを開発する動きを見せています。実際に、物流の在庫管理は複雑であり、ミスなどの間違いが日常茶飯事のごとく行われ、人手が足りない企業に関しては、全く手が回らないといった懸念があります。これは大きな問題となっており、業界全体で変えていかなくてはいけないといった動きも見られます。

株式会社PALとソラミツ株式会社はこういった業界の悪い流れを変えるべく、ブロックチェーン技術の導入に踏みきったというわけですね。どういったシステムかというと、RFIDという技術により在庫管理をより正確に記録します、それをさらにブロックチェーンで記録することで正確性の高いデータを保存できることになります。AGVやドローン技術も採用しており、なるべく人手に頼らないようなシステムを構築しているのです。

物流業界だけではなく、在庫管理のシステムというのはデパートなどでも必要とされているシステムです。Ier・日本ユニシスという企業では、ブロックチェーン技術が含まれたシステムを使い、在庫管理業務を行う実験もやっているそうです。その実験結果も良い検証が出ており、今後の導入に期待をされているようです。もうすでにブロックチェーン技術に注目して、着手している企業が多いのはそれだけこの技術が期待されている証拠と言えるかもしれませんね。

5. ブロックチェーンが在庫管理など様々な分野に応用される理由

ブロックチェーンは金融業界だけではなく、様々な分野で応用されその技術には大きな期待を寄せられています。その理由としては、何よりも大幅なコスト削減を見込めるからではないでしょうか?何よりも、ブロックチェーンは全て自動で管理してくれるので、企業にとっては大きな負担となる人件費を削ることができるでしょう。また、業務の効率化にも期待ができます。

業務の効率化を図ることで、さらなるコストの削減にも期待ができるので、色々な企業がこの技術に注目することは当たり前のことなのかもしれませんね。もちろん、使い方にもよりますが、今後ビジネスの業界において革新的な働きをしてくれそうな技術ともいえるでしょう。

6. ブロックチェーン技術で今後の在庫管理や業務内容はどう変わる?

ブロックチェーン技術の導入には、まだまだ課題も多いです。しかし、本当に採用されることになれば、大幅に業務効率が改善するでしょうし、企業のコスト削減にも繋がることでしょう。何より、在庫管理システムの常識が覆されることになるかもしれません。人手不足などは非常に深刻な問題です。こういった問題を解決するためにも、少しでも早くブロックチェーン技術が採用されることを願うばかりですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*