ブロックチェーンPoCについてやPoC環境構築の課題について紹介!

「ブロックチェーン」において、「PoC」という言葉が今最も話題になっているようです。

そこで今回は、「ブロックチェーン」における「PoC」についてや課題などについて紹介していきますので参考までに見てみてください。

1. ブロックチェーンにおけるPoCとは?

今の時代、「ビットコイン」などの仮想通貨の世界や医療系の業界で「ブロックチェーン」という言葉がかなり話題になっているようです。

その中で、「PoC」という言葉が注目されているようなのですが、そもそも「ブロックチェーン」という言葉をご存知ではない方もいらっしゃるかと思います。

「PoC」という言葉の意味を皆さんに紹介する前に、「ブロックチェーン」について簡単に紹介していきたいと思います。

「ブロックチェーン」というのは、サトシ・ナカモトという方が2008年に「ビットコイン」について書かれた論文によって開発されたシステムのようです。

簡単に一言で「ブロックチェーン」のことを説明するならば、「台帳」と言えるでしょう。

なぜ「台帳」と言うかといいますと、「ブロックチェーン」はたくさんの取引情報を記録しているからです。

システム管理がしっかりしていますので、不正な行動をすることがほとんどの確率で不可能だと言われているようです。

ということは、データの改ざんでしたり二重取引が不可能ということになります。

「仮想通貨」の取引所などに比べるとわかりやすいですが、不正が行いやすい取引所と比べると180度違うくらい「ブロックチェーン」は不正をすることができないでしょう。

と、ここまで「ブロックチェーン」について紹介したところで早速「PoC」について紹介していきたいと思います。

1-1. PoC(Proof of Concept)とは?

「ブロックチェーン」において「PoC」は必要なことのようなのですが、一体どんな意味合いがあるのか気になるかと思います。

それではこれから「PoC」について説明していきますので、参考までに見てくださると嬉しいです。

「PoC」というのは、日本語で言うと「概念実証」という意味らしいです。

新しく行なうプロジェクトが本当に実現が可能なのかどうかや、導入するにあたっての効果や効用、技術的な観点から検証する行程を「PoC」というようです。

IT業界では最も「PoC」が重視されているみたいで、業務効率化のためには必要不可欠だと言われているようなのです。

世の中には評価が定まらない新しい技術を取り入れるということがかなり多く見られていて、結果的に多大な資金をつぎ込んでしまうといったことになってしまうので、損失も大きくなります。

そういった失敗を回避するために、企業が投資判断する材料として「PoC」が必要になってくるという意味のようです。

「ブロックチェーン」と活用することによって、より的確なものになるようなのですが、中には「ブロックチェーン」とAIを活用したPoCサポートサービスを開始したところもあるみたいです。

お次では「ブロックチェーン」技術の導入と「PoC」について紹介しますので、一緒に行なうことでどんな感じになるのか参考までに見てみてください。

1-2. ブロックチェーン技術の導入とPoC

「ブロックチェーン」の技術は、多くの企業から注目されていてシステム管理するにあたって、かなり大活躍しています。

また「PoC」は新しい技術を取り入れるにあたって、本当に良いものなのか検証してくれるので、こちらも企業にとって嬉しいシステムだと思います。

「ブロックチェーン」を導入するかどうか迷っている企業の方もやはりいらっしゃるのは当然のことで、実際に「PoC」で効果や課題などを確認するということに取り組んでいるところは多くあるようです。

なので「ブロックチェーン」の技術を導入することにどうするか迷っている企業の方々にとって「PoC」はとても役に立つことでしょう。

2. ブロックチェーン技術とPoC環境構築の課題

「ブロックチェーン」の技術や「PoC環境構築」の課題についてこれから紹介していくのですが、調べてみたところ、課題と言われる点があまり見つからず良いところのみ見つかりました。

「ブロックチェーン」の技術は、スピーディーさが求められますが、そういった点は課題だと評価されているようです。

「PoC環境構築」のサービスを活用することで、課題とされる問題は今のところ目立ったようなことはないようなのです。

やはり企業の方々にとって、新しい技術を取り入れるにあたっての「本当に良いものなのか」と検証できる点が素晴らしいと評価されているみたいです。

「PoC」を活用しないで新しい技術をそのまま検証せず導入すると、中には多大な資金をつぎ込んでしまったという失敗があるので、確実に投資失敗を防げるかどうかは別問題ですが、かなり大活躍している様子を伺えます。

課題といっても、「PoC」の「C」はコンセプトですので、企業の方のコンセプト違いでミスしてしまったということがあるようです。

これは課題というより、企業側のミスだと考えられますので新しい技術を取り入れる時には企業側のコンセプトに合っているのかどうか判断していくと良いでしょう。

お次では「PoC環境構築支援サービス」を行なっているところがすでに存在しているということで、どんなことをしているのか紹介していきたいと思います。

3. PoC環境構築支援サービス

「PoC」は新しい技術を取り入れるにあたって、かなり便利なものということが今までの紹介でわかりました。

「ブロックチェーン」を取り入れる時も活用したいサービスで、様々な業界でも大注目されています。

「PoC」は「PoC環境構築支援サービス」として様々な分野に企業側が提供していっているようですが、2つほど大活躍しているところがありますので紹介していきたいと思います。

3-1. 日立「Blockchain PoC環境提供サービス」

まず最初に紹介するのが、日立製作所というところです。

2017年5月に日立製作所は「Blockchain PoC環境提供サービス」という「ブロックチェーン」の技術の利用する環境を提供するクラウドサービスを発売したようです。

これは、「ブロックチェーン」を活用したソフトウェアの開発だったり、「ブロックチェーン」の適用の可能性の検証を行なうにあたってかなり適しているようなのです。

さらに迅速さも兼ね備えているということで、素晴らしいものになっていると考えられます。

3-2. マイクロソフトのPoCフレームワーク

2つ目に紹介するのが、マイクロソフトというところです。

マイクロソフトは、「ブロックチェーン型サービス構築」の「PoC」を迅速化してくれるAzureベースの「ブロックチェーンPoCフレームワーク」の提供を2017年5月に開始したようなのです。

マイクロソフトが提供している「PoCフレームワーク」を活用することによって、顧客やパートナーは「PoC」に費やす時間などを削減することができるみたいです。

そして、「ブロックチェーン型サービス」の可能性を実証するための作業に集中することができるとマイクロソフトは自信を持って提供をしているようです。

このように「PoC環境提供サービス」を企業は提供している世の中にまで発展しているので、活用していくと良いのかもしれません。

4. まとめ

今回は、「ブロックチェーン」における「PoC」についてや企業の方が提供している「PoC環境提供サービス」などについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

「ブロックチェーン」の良いところや「PoC」の素晴らしいところを活かして企業をどんどん発展していっていただけたら素敵なものになりそうな気がしました。

「ブロックチェーン」を取り入れる時も「PoC」を活用していくと本当に良いものなのか検証してくれるので、「PoC」は投資資金の削減にもなると思います。

今は「PoC環境提供サービス」を提供している企業があるということで、便利な世の中に発展しています。

様々なメリットのあるサービスでもあるので、今回紹介した点を参考にしていただけたら嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*