ブロックチェーンと仮想通貨・マルチシグの基礎知識

IT技術などは、ドキュメントやデータを誰が発行したのか、発行者の確認という項目は想像以上に大切なものです。

今話題となっているブロックチェーンもそれに含まれています。

ブロックチェーンに関しては、こういった技術を使って仮想通貨を送る・受け取るといった仕組みが成り立っています。

ここでは、そんなブロックチェーンと密接な関係を持つマルチシグについて具体的に説明していこうと思います。

1. ブロックチェーン技術のマルチシグという仕組み

まずは、マルチシグを理解する前に知っておかなくてはいけないものがあります。それは、公開鍵・秘密鍵・電子署名という単語でしょう。ブロックチェーンのセキュリティーを守るものとして、公開鍵・秘密鍵が必要になってきます。公開鍵というのは、簡単に言えば誰に対して公開しても問題ない鍵となっています。ですので、誰でも簡単に取得できるのが特徴となっています。

逆に秘密鍵というのは、その名の通り誰にも知られてはいけない鍵となっています。ビットコインを使う際には、送金の際に必要となる鍵になります。もし誰かに知られてしまった場合、権限を奪われたことと変わらないので、非常にリスクが高いとも言えるでしょう。これらの公開鍵の技術を持つことで、電子署名を行うことができるのです。

電子署名とは、データや書類を作った人だと認識できるものであり、暗号技術を使い確認することができます。受け取る側が最初から知っているデータを、送る側が秘密鍵と一緒に送ります。

その送られてきたデータを受け取る側が公開鍵で読み解き、同じデータであれば有効なものだと確認できる仕組みになっています。こういった仕組みがあるからこそ、ブロックチェーンでは不正な送金ができないものとなっているのです。

1-1. マルチシグ(マルチシグネチャ)とは

マルチシグとはマルチシグネチャを略した言葉になります。そのまま和訳すると、マルチは「複数の」という意味になり、シグネチャは「署名」という意味になります。つまり、「複数の署名」ということですね。これだけ見ると、よくわけのわからない意味になってしまいます。簡単に言えば、署名というのは鍵の意味合いを持ちます。

仮想通貨などは、上で説明した公開鍵と秘密鍵を使うことによって、扱うことができます。公開鍵は南京錠で秘密鍵はそれ専用の鍵というイメージがわかりやすいでしょう。このような管理方法のことをシグナルシグと呼んでいます。ここまで読んで勘の良い方ならイメージが浮かぶと思います。シグナルは「一つ」ということで、マルチは「複数」です。では、マルチシグというのは複数の公開鍵と秘密鍵がある状態のことですね。

1-2. 仮想通貨とマルチシグ

マルチシグの仕組みはある程度理解していただけたはずです。

では、このマルチシグと仮想通貨にはどういった相関性があるんでしょうか?マルチシグの最大の目的というのは、セキュリティーの強化になります。ハッキングなどの被害が多い仮想通貨においては、非常に役の立つ仕組みであるとも言えます。後述しますが、日本でコインチェックの事件がありましたね。あれも、マルチシグに大きく関連していると言われています。

マルチシグを適用することで、どれかの鍵を盗まれたとしても簡単に鍵を開けられることはありません。それは、複数の鍵を管理していることが理由であり、これがマルチシグがセキュリティーに強い理由となります。例えば、三つの公開鍵がハッキングされ奪われたとしても、残りの二つの鍵の力を合わせてハッキングを追い出すことができるのです。このように、ハッキングに対して強みを見せるマルチシグは、非常にセキュリティー対策には重要な仕組みといえます。

特に仮想通貨の知識が乏しい人からすれば、かなりの大きな武器になるはずです。大切に取得していた仮想通貨がいつどこぞのわからないやつにハッキングされ奪われてしまう可能性は少なからずあります。これは、仮想通貨を持っていれば誰でも心配しなくてはいけないことでしょう。しかし、マルチシグを適用することでこういった心配から解放されることになるので、知っておいて損はない知識となりますね。

1-3. マルチシグのメリット

マルチシグの最大のメリットは散々書きましたが、セキュリティーの安全面が約束されることでしょう。万が一、秘密鍵をなくしてしまってもマルチシグであれば安心することができます。

上にも書きましたが、一つの秘密鍵がハッキングされても同じことであり、大切な仮想通貨を取られる心配もありません。シグナルシグの状態よりは間違いなくセキュリティー面において強固なのは間違ないないでしょう。

そしてもう一つのメリットは、何かの拍子に秘密鍵を無くしてしまった場合でも、マルチシグであれば安心です。基本的に秘密鍵を紛失したり無くしたりすると、取引所の自身の仮想通貨をおろせなくなってしまいます。しかし、こういった自体もマルチシグであれば、設定によっては問題ありません。一つの秘密鍵を忘れてしまう人というのは意外に多く、忘れてしまってからでは遅いですね。

1-4. マルチシグのデメリット

客観的に見ると、非常に安全性が高くメリットだけが強調されるマルチシグではありますが、もちろんデメリットもいくつかはあります。まず一つは、マルチシグの設定が非常に面倒である点が挙げられます。秘密鍵を複数設定するわけですが、それぞれ違う場所の保存しなくてはいけなくなるので、めんどくさがりの人には少々ハードルの高い作業になるかもしれません。

またそれで終わりではなく、公開鍵も多ければ多いほど手間が掛かり面倒になってしまいます。当たり前のことかもしれませんが、マルチシグのセキュリティー面の強化を図れば図るほど、その設定作業が面倒になるのは言うまでもありません。

セキュリティーのためと割り切って作業できる人であれば問題はありませんが、あまりの面倒さに「ここまでセキュリティー強化をする必要があるのか?」といった疑問を持つ人もいえるかもしれませんね。

また他にもマルチシグは、セキュリティーを強化するというメリットはありますが、その分余計に手数料を取られることが多いです。これも、セキュリティーを強化するのが目的である人であれば問題ありませんが、「自分はそこまでセキュリティー面に関しては力を入れてない」と感じるのであれば、無理してマルチシグと利用せずに、シングルシグを利用すると良いかもしれませんね。

2. コインチェックの仮想通貨流出事件とマルチシグ

2018年の1月26日に日本の仮想通貨業界を震撼させる事件が起きましたね。あのコインチェック事件です。事件の概要としては、日本の大手仮想通貨取引所であるコインチェックから580億円という莫大な仮想通貨が盗まれてしまうというショッキングな事件です。これだけの仮想通貨が盗まれた事件は前代未聞であり、世界中でも注目される事件となりました。盗まれた仮想通貨はネムというものです。

過去にも仮想通貨を盗まれるという事件はあったものの、これほどまでの大規模なお金を盗まれたのは世界中でも初めてでしょう。コインチェックを利用していた人の数は相当いて、被害を受けた人たちの数は図りせれません。芸能人でも被害を受けた人が多く、自虐に語る人もいれば、本気でくやしがっている人がいたのも印象的です。被害額は相当であり、コインチェックはその被害額をカバーすることはできるのでしょうか。

事件が起きた日は非常に衝撃的でした。そして、最大の焦点はコインチェックのセキュリティーの甘さが挙げられました。ここで登場するのが、散々説明してきたマルチシグですね。コインチェックはセキュリティーにマルチシグを適応していなかったのです。ホットウォレットと言われる、セキュリティーの甘い環境で仮想通貨を管理していたというのだから驚きを隠せません。

あまりにも甘いセキュリティーだったので、コインチェックを信頼して利用していた人たちにとっては心から災難だったと言わざるおえません。実際に、そういったセキュリティーの面からネムの団体も取引所に対してマルチシグの適用を勧めていたようです。コインチェックはこういった忠告を聞かなかったのでしょう。

しかも、事件が起こった後の言い分としてはセキュリティー面においては人材的に困難だったという言葉を残しています。これでは、利用者も納得できないでしょうね。

このコインチェックの事件において、一部の人は仮想通貨のネムを責める声も聞こえているそうです。しかし、これに関してはネムは何も悪いことをしていません。何よりも問題なのは、コインチェックのセキュリティー面です。当たり前に行われなくてはいけないことを、コインチェックが怠っていたというのが最大の焦点です。ネムからすれば、大きな迷惑であり、余計な損害を出してしまったというのが本音ではないでしょうか。

さらに問題は、この損失額をコインチェックが補填できるのかといった点です。事件後にアナウンスがあり、コインチェックは全ての損失分を日本円で返金を行うようです。正直、どこにそんなお金が残っているのかと謎ではありますが、損失を出して人によっては、「心から助かった」と思っている人も多いことでしょう。こういったコインチェックの事件を見ても、マルチシグ、さらにセキュリティーを強化している取引所を利用することは何よりも大切なのだと感じました。

3. マルチシグ対応の仮想通貨取引所

では、コインチェックの事件を踏まえた上で、今後はセキュリティー面の高い仮想通貨取引所を利用するようにしましょう。マルチシグ対応をしている取引所です。大手のbitFlyerは最高のセキュリティー環境下にあるのでおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)はこちら

他にはQUOINEX、コールドウォレットとマルチシグを使い分けています。世界水準のセキュリティーであればbitbank、日本でもおなじみGMOインターネットグループが設立したGMOコインも非常におすすめできる取引所となっています。

4. ブロックチェーンと仮想通貨・マルチシグの基礎知識まとめ

マルチシグがどういった重要性を持ち、ブロックチェーンにおいては欠かすことができない技術というのは理解していただけたでしょう。

また、コインチェックの事件からわかるように仮想通貨の世界においてはセキュリティーが非常に重要です。仮想通貨を始めるなら、間違いなくマルチシグ対応の取引所を選ぶようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*