ブロックチェーンの技術でコストを下げることができるのは何故?

仮想通貨のトレードに興味がある人なら、ブロックチェーンって聞くとビットコインが一番先に思い浮かぶと思います。

しかし、ブロックチェーンって一体どういうシステムなのかいまいちわからないという人も多いでしょう。そして仮想通貨だけでなく、データ管理を低コストで行えるブロックチェーンの技術が注目されている現在。

何故ブロックチェーンの技術を使うとデータの管理が低コストになるのか?そして今後ブロックチェーン技術はどのように進化していく可能性があるのか調べてみました。

1. ブロックチェーンが低コストだと言われる理由と仕組み

ブロックチェーンのコスト面に関することを語る前に、簡単にブロックチェーンの技術がどういうものか話しておきたいと思います。

1-1.ブロックチェーンとは?

銀行や証券会社などの金融機関、そして不動産などのデータは現在まで中央集権管理といって、管理者が全てのデータを管理することが行われていました。データの量が少なければ問題はありませんが、そのデータが膨大になればなるほどデータ管理や確認の作業に時間を取られるという非効率という問題が起きてきました。このデータ管理を中央管理で行わず、分散して管理するというシステムがブロックチェーンのシステムです。

ブロックチェーンの場合は、分散してデータを管理しているので全てのデータが参加者に公開され取引の履歴などをお互いに監視し合うということができます。参加者の数が増えれば増えるほどデータ管理の負荷が少なくなり、監視の人数も増えるため不正な取引が行なわれる可能性も低くなります。

ブロックチェーンの方式は2種類あり、ビットコインなどの仮想通貨のブロックチェーンでは、ビットコインのホルダー全員が、全ての取引履歴を監視し、承認する機会を得ることができますが、銀行などの金融機関の場合、第三者が誰でも参加できるようになるとセキュリティに問題が生じます。

そのため、承認作業を行うことを中央で許可するというプロセスが生まれるシステムになっています。

前者のビットコインのように誰でも参加できるブロックチェーンのことを「パブリック型」後者の中央に管理者を置いてコントロールするシステムを「プライベート型」と呼んでいます。

それでは何故ブロックチェーンのシステムを利用することでコストを抑えることができるのか?低コストの理由として大きいもので3つ挙げることができます。

1-2.セキュリティへのコスト抑制

ブロックチェーンシステムが優れていると言われる一番の理由が、データが分散していることにより、全てのデータが一か所に集約される中央集権の既存のシステムよりもセキュリティ面で優れているということです。

不正アクセスによりデータ改ざんの恐れがある、中央集権のシステムでは、システムに対してかなりの予算を割かなければいけません。

ブロックチェーンの場合は、不正アクセスやデータ改ざんのリスクがありませんので、データやシステムにかけるセキュリティのコストが大きく削減されることになります。

1-3.データバックアップのコスト

データを中央管理で行う場合は、一つのデータベースで行うため破損や消失のため絶えずバックアップを取らなければいけません。

そしてデータベースが破損した場合は、それを復旧させる作業も必要となります。ブロックチェーンの場合は、全てのデータを分散して管理することになりますので、それぞれをバックアップする必要はありません。その分のコストも削減されることになります。

2. ブロックチェーンと仮想通貨から見たコスト面

ブロックチェーンが低コストということで、ビットコインのマイニングに要するコストは大きいのではないか?という疑問を持つ人もいると思います。

確かにビットコインの場合は前述したブロックチェーンの中でもパブリック型という誰でも参加が可能なシステムとなっているので、大きな計算量とそして時間を要するため低コストではありません。

しかし、銀行などのデータ管理の場合は、中央で管理するプライベート型の様式を取っているのでパブリック型とは違い低コストでの運営が可能です。

3. 低コスト以外のブロックチェーンのメリット

低コストというメリットは理解していただいたと思いますが、ブロックチェーンは低コストというメリット以上に最も大きなメリットがあります。

それがセキュリティ面での安全性です。中央集権型の場合、メインのデーターベースは一つになります。外部からの不正アクセスだけでなく、内部からでもデータベースを改ざんすることは可能です。

それを防ぐために不正にアクセスされないようにセキュリティを強化しているのが現状ですが、セキュリティが破られる可能性がゼロではありません。

それと比較してブロックチェーンの場合、データベースが中央に一つだけ存在しているのではなく、分散してデータが存在しています。そしてデータベースとは別に取引履歴が存在していますので、データを改ざんする場合データベースだけでなく、取引履歴を全て改ざんしなければいけないということになります。つまり実質的に改ざんは不可能と言われているのがその為です。

また、誰でも参加できるパブリック型システムの場合、全てのデータがリアルタイムで監視可能になります。現在のデータだけでなく、過去のデータも全て監視可能となっているのでこの中で改ざんを行うことは不可能です。

データを中央で一括管理していないということで、改ざんやハッキングに対しての耐性が高いことが言われていますが、データを分散して管理することにより、中央のデータ管理システムに障害が発生したり、災害のためシステムが破損しても、データベースを消失するリスクや、承認、監視作業が停止するということもありません。

4. ブロックチェーンの可能性と課題

ビットコインが注目を浴びることで、二次的に注目されることになったブロックチェーンの技術ですが、ブロックチェーンは仮想通貨のシステムということだけでなく、将来的にITの革命となるシステムと言われています。ブロックチェーンの技術が応用されればIT業界どころか、現在存在する産業のほとんどに大きな影響を与えることになるのです。

いったい、将来的にブロックチェーンが応用されたら、どのような影響があるのか?
いくつかの産業やシステムがブロックチェーンによって進化する可能性を挙げてみましょう。

4-1.金融業界

ブロックチェーンの技術をいち早く取り入れたのは金融業界です。

金融業界のデータは預金のデータベースだけでなく、送金、入金そして貸付など様々な取引履歴がデータの量を膨大にし、データが大きくなればなるほどコストがかかり財政を圧迫してきました。

しかし、ブロックチェーンの技術を使えば、中央集権でデータの保存を行うのではなく、プライベート型で分散管理をすれば、コストの削減に繋がりますし、金融機関が一番恐れているデータの改ざん、不正アクセスから自信を守ることができます。

銀行と同じようにブロックチェーン技術と相性がいいのは証券業界です。証券業界では株式を買う場合、少額での取引は難しいですよね。

NISAのような商品は存在しますが、あくまでも積み立て目的で少額で株の取引きができるわけではありません。

何故、仮想通貨のように少額から取引をすることができないか?その理由は、取引が多くなればデータの量が膨大になり、コストが爆発的に増えるからです。

しかし、それは中央集権でのデータ管理の話。これにブロックチェーンの技術を応用することができれば、どんなに取引が増えてもコストは抑えることができます。そのため、現在よりも少ない金額から証券取引を行えることが可能になります。

100円から購入可能なんてことになりましたら、株式を購入する人も増えるでしょう。それによって経済も活性化されますよね。

4-2.SNS

Facebookは本名での登録が基本ルールでしたが、本名でなくても簡単に登録することができます。

多くのSNSは匿名で登録することができるため、匿名での無責任な書き込みや拡散などが社会問題になっています。

全てのアカウントに対して本人確認を行うことで、それは解決できるのですが、SNS企業にとっては膨大な個人情報を管理することで、強固なセキュリティ体制を用意しなければなりません。コストとリスクを考えるとなかなかすべてのアカウントを本人確認することは現在難しいと言えるでしょう。

しかし、ブロックチェーンを利用することにより、セキュリティにかかるコストが格段に低くなるため、全アカウントの認証というものが可能になります。それによって今よりももっと安全で正確なSNSとして進化していくことができるでしょう。

4-3.オンラインゲーム

オンラインゲームの世界では、ゲーム内で使えるお金が存在しますが、あくまでもゲーム内での話、リアルの世界で使用することができません。

しかし、仮想通貨をゲーム内で利用することにより、ゲームで稼いだお金をリアルの世界で利用するなんてことも可能になります。不特定多数のユーザーが参加するゲームの世界ですから、ゲームマネーの偽造や不正を防ぐためにブロックチェーンの技術は不可欠となります。

他に膨大なデータを保有する不動産業界、個人情報を扱う投票や医療情報などブロックチェーンの技術が応用されることにより、飛躍的に進化するシステム、産業は本当に多いです。

今後のブロックチェーンの課題となるのはAIとの融合になると思われます。ブロックチェーンはリアルタイムで複数から監視されることにより、その整合性で真偽を判断することが可能です。

しかし、最初から誤って登録されたもの、初めから偽り目的で作られたものに対しては整合性を判断することはできません。その判断ができるのは人間かAIということになります。AIとブロックチェーンが融合し、整合性以外に判断基準を設けることができればさらにブロックチェーンの将来には大きな期待ができるものになるでしょう。

5. まとめ

ブロックチェーンの技術が生まれることが無ければ、仮想通貨というものは存在しなかったでしょう。大量に発行され、そしてあらゆる場所、時間で取引が行われる通貨を管理するのは国家以外は考えることができませんでした。

しかし新しい技術のおかげで、参加者で管理するという形が生まれています。今後、ブロックチェーンの技術を利用した仮想通貨がまだまだ生まれてくるでしょう。

ただ、一般人にとってみると現在のブロックチェーンシステムでのマイニングは不可能に近い状態。結局、一握りの人がマイニングで利益を得るということになっています。

しかし、ブロックチェーンの技術が進歩し、計算量と時間をもっと短縮することができれば、誰でもマイニングに参加することができる文字通りオープン型のブロックチェーンシステムになるでしょう。そのシステムが完成した時に本当の意味で仮想通貨がスタートするのかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*