立華桃の打ち出した「BITCANDY」って信用できるの?調査してみた!

「BITCANDY」って信用できるの?調査してみた!

2017年・2018年と仮想通貨が大流行し、日本の半数以上の方は『仮想通貨』というものを知っていると思います。
そして仮想通貨といえばビットコインですよね?
「ビットコイン=お金が増える」「ビットコイン=危険なもの」という認識をされていると思います。

2018年にはビットコインで儲けた方と、ビットコインで大きく損失を出してしまった方の2通りに分かれてしまいました。
事実、2017年初頭にビットコインを購入した方などは、億り人と言われる1億円以上の資産を手に入れたりしました。

しかし、損した方は、貯金を全て溶かすなどの大きな損失を被りました。
ビットコインの価格は2018年に急落を初め、2018年11月末(現在)には40万円台の価格にまで下落してしまっています。

このような大きなバブルを経験したビットコインですが、相変わらず世間からの注目度は高く、価格が落ち込んだ現在でも仮想通貨でお金を増やすための商品が後を絶ちません。
今回は、仮想通貨でお金を増やすことができる情報商材として有名になっている「BITCANDY」について、商品内容、販売者に至るまで、徹底的に調査していきたいと思います。

~「BITCANDY」とは~

ビットコインに関する情報商材として有名になっている「BITCANDY」とは一体どのようなものなのでしょうか。今回は、この「BITCANDY」について見ていきましょう。

「BITCANDY」は、完全放置型、最新オートトレーディングシステムという文句で宣伝されています。
課金なし、使用制限なし、人数制限なし、セールス動画なし、で利用することが出来るようになっているようです。

来ましたね、胡散臭い商品が。
この業界では「最新の~」という宣伝文句が頻繁に使われるため、「最新の~」と書いてあるだけで胡散臭く見えてきてしまいます。

この「BITCANDY」という商品は、立華桃氏によって作成された商品になります。
立華桃氏、誰ですかね。特に投資の世界で有名な方ではないようです。立華桃氏については、後程詳しく見ていきましょう。

~「BITCANDY」に付いている無料特典~

この「BITCANDY」という情報商材は、オープニング無料ダウンロードキャンペーン実施中のため、LINEで友達登録をすると、今だけ19.8000円が0円で入手できるようです。
また、LINE登録するとプレゼントとして、最新AIシステムを使い、みんなの安生をキャッチするセンチメント分析、売買シグナルLINE配信システムという「JEWELRY」、初心者を楽しく卒業させる!という、BITCOINトレード、簡単速習マニュアルをもらうことが出来ます。

無料プレゼントが多いですね。こんなに無料でツールをもらうことができて、さらに、それらのツールが本当に価値あるもので、営業動画やバックエンドでセールスがないのだとしたら、この「BITCANDY」という企画はすごすぎます。

というわけで、無料プレゼントを1つずつ確認していきましょう。

①「BITCANDY
BITCANDYは、インストールするだけで、ほったらかしでビットコインが増えていくと書かれていますが、これは本当なのでしょうか。

この「BITCANDY」は、自動でトレードをしてくれる自動売買システムになっているようです。
自動売買ソフトは文字通り、自動で売買をしてくれるシステムのことですが、自動売買のシステムが最も重要になってきます。
このシステムがめちゃくちゃであったり、時代に合わないものだった場合は、全くお金を稼ぐことはできません。
そのため、このシステムがどのような判断基準で売買をするのかについて理解をするか、自動売買をした結果等がなければ、信用することができないのですが、LPではこれらの情報について一切触れられていないため、信用することができないと言えるでしょう。
②「JEWELRY
次は、この「JEWELRY」という無料プレゼントです。
この商品は、最新のAIがSNS等を中心にビッグデータを集め、 ”大衆の感情をキャッチ”して値動きを予測する、 最先端のセンチメント分析をシグナル配信するLINEシステム、感情分析AIシステムを使うことで、 自動売買が得意とするロジカルな値動きだけでなく、人の感情によって度々起こる暴騰や暴落など ”急で大きな値動き”も事前にキャッチして 短時間で大きな利益を狙うことが可能です。
反対に活用すれば、リスクの大きくなりそうなタイミングではトレードをお休みする。(自動売買をストップする)といった守りの活用方法も出来るようです。
これはすごいですね。確かに最近はテクニカル的なシグナルだけでなく、人々の感情を利用して価格を予想するシステムが流行っています。
しかし、人々の感情を用いて価格を予想するウェブボットは予想価格を大きく外すことがかなり多いです。

このウェブボットという価格予想は、このタイプの価格予想の中で最も有名ですが、大してあてにならないという評価をされています。ということは、個人が作った価格予想のシステムなんて、、、
「JEWELRY」もあまり信頼できないということが分かってもらえたと思います。
③「BITCOINトレード簡単速習マニュアル
これはトレードの精度を上げることができる説明書のようですが、このようなものが必要なことが非常に危ないですね。自動売買システムでは、誰が起動させても同じ結果が出るものですし、この「BITCANDY」の宣伝文句でも、完全放置で問題ないと書いていたため、このような説明書がある意味が分かりません。

そのためこの説明書が無意味なものなのか、トレードシステム「BITCANDY」が宣伝通り誰でもほったらかしで使うことが出来るものでないかのどちらかということになります。

~「BITCANDY」の仕掛け人立華桃とは~


情報商材が信用できるかどうかを調べるためには、商品を調べることと、販売者を調べることが必要になります。
立華桃氏は、ランディングページで以下のように語られています。

元六本木のクラブホステスで、現在はビットコイントレードを中心に生計を立てている。
2つのシステム BITCANDY:自動売買ソフト、JEWELRY:LINEシグナル配信システム、この2つを活用して
今では自由を手に入れているようですが、もともとは、大学卒業してすぐクラブの世界に入り、ずっとホステスだけで生活をしていた。

超ド貧乏な家庭で育った立華桃氏は、このホステスという結果を残せば全てを手に入れることができる世界に魅力を感じ、そしてトレードも結果主義であるため、ビットコイン専門トレーダになったそうです。

現在の主な収益は、 BITCANDYの自動売買と、JEWELRYを活用したセンチメント分析による裁量トレードとなっており、たった1人で、誰も雇わずに年収1億以上稼いでいる。

これが全て本当なのでしょうか。残念ながらホステス時代のことについては調べることができませんし、彼女が実際にこのような金額をこの2つのシステムで稼いでいるのかについても調べることはできません。
しかし、このように疑問に感じることは普通であり、これらの不安を解消してあげた方が無料プレゼントを受け取ってもらいやすくなると感じることも普通だと思います。
これらの不安を解消することなく話を進めているのは、これらの話に嘘があるからではないでしょうか。本当に稼いでいるのであれば、そのページをスクショすればいいだけなので、それをしないということは、、、

もう理解いただけたかと思いますが、この経歴に関してもあまり信用できるとは言えないでしょう。

~「BITCANDY」特商法表記~

それでは「BITCANDY」の特商法表記について見てみましょう。
BITCANDYの特商法表記では、販売者、連絡先(メールアドレスのみ)、住所等が書かれていました。情報商材の世界では連絡先として電話番号を記載しないことはもちろん、記載しても連絡がつかないことが多いです。

また連絡先として電話番号を記載していない商品のほとんどは詐欺なので、この商品もあまり信用しない方が良いでしょう。

特商法表記の欄に、「本商品に示された表現の受け止め方には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」という記述がありました。この表記がある時点で、販売者は結果が出なくても責任を負う必要がなくなってしまうので、この表記をしているのにもかかわらず、絶対結果が出るように広告している商品には注意をした方が良いと言えるでしょう。

~「BITCANDY」が危険な理由~


今回は情報商材「BITCANDY」が危険な理由について詳しく見ていきましたが、かなりやばい内容になっていましたね。
ここで最後に「BITCANDY」が危険な理由についてまとめておきましょう。

危険な理由
自動売買をうたっているのに、トレードの実績が載せられていない。どのようなシステムなのかが全く分からない

人の感情を読んで裁量トレードをするシグナルを届けてくれるらしいが、実際にこのトレードで上手くいく保証がない

立華桃氏の経歴に証拠がない

電話番号が記載されていない

 

どれも証拠がないということですね。証拠がなくていいのであれば、法人登記等の時間を合わせても1週間もあれば、誰でもこのような案件を作成することが出来ます。
「BITCANDY」が絶対に詐欺であるという証拠はありませんが、詐欺が多いこの業界で、このような穴だらけの商品に手を出すことは危険だと言えるでしょう。

~まとめ~

今回は流行りの仮想通貨に関する情報商材「BITCANDY」について見ていきました。
宣伝文句では、誰でも絶対に利益を出すことが出来るような内容が書かれていましたが、実際に稼ぐことができるのかについては疑問が隠せない内容になっていましたね。

正直全く証拠の画像等を載せていないのは、信じられませんでした。

何度も言いますが、信頼できる商品であれば信頼のできるデータが乗っているのが当たり前ですし、詐欺の商品だとしても証拠のように見える画像が乗っているのが当たり前です。

このような商品で高額な商品を購入して騙されてしまった場合、相手側の連絡先も記載されていないため、あなたの騙し取られてしまったお金を個人で取り返したり、消費者センターに連絡をして解決を手伝ってもらっても解決することが難しいと言えるでしょう。
どうしても弁護士さんに対応を依頼する必要が出てきます。しかし弁護士さんに依頼をした場合は、高額な依頼料がつきものです。

しかし、集団訴訟という手段を用いれば、この弁護士費用を安く抑えることが出来ます
集団訴訟では、同一の商品での被害者が集まって弁護士さんに解決を依頼するため、弁護士依頼料が安くなる、証拠を共有できる、人数が多ければ社会問題として大きく取り上げられる、心の傷が癒される等のメリットがあります。

もしもこのような情報商材で騙されてしまった場合は、消費者センターに連絡をする、自分で対応してみるなどをしたうえで、ネット上などで同じ商品での被害者がいないかを探して、思い切って集団訴訟をしてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*